移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2020年の日記  (最終更新日 : 2021/01/01)
11月30日(月)の記 水の買い出し

11月30日(月)の記 水の買い出し (2020/11/30) 水の買い出し
ブラジルにて


土曜日に買ってきた5リットル入りのミネラルウオーターが、もう底をついてきた。
コーヒーやお茶、そして一回炊飯用に使ったぐらいだが。

フェイスブックの地区のページではサンパウロ市内にある!ミネラルウオーター工場の源泉に行けば安価で良質の水をくめるとあった。
僕の土曜の日記を読んだサンパウロ市内の友人も、同じ源泉をすすめてくれた。

クルマで行けば、さして遠くないところ。
そこのウエブサイトではよく勝手がわからないが、とりあえず空き瓶がいくつかあった方がよさそうだ。
もう一人ぐらい、家族の手があった方がよさそうだし。

土曜に買い出しに行ったスーパーに行くと、5リットル瓶はすでになくなっている!
別のスーパーも大きいので1.5リットル瓶しかない。

徒歩圏に2か所ほどのミネラルウオーター販売所があったな。
そこまで歩くか。
担いでくるのも考えると、ちょっと面倒だ。
近くの青果店をのぞいてみると、ここには大瓶があった。
値段は安売りスーパーのほぼ2倍。
「これは6リットルですよ!」と店側はおトク感を伝える。
高いといっても6リットルで200円程度。
今日はこれで妥協。

先ほどの販売所も含めて、頼めば水を運んできてくれる。
しかし、いつ来るかわからないものを待っていること、先方から呼び出しがかかったら作業を中断してそこそこに着替えてアテンドすること…
水を担いでくるのより、億劫である。

水を契機に、自分の性格を再確認。
そうこうしているうちに、水道水の悪臭も少しおさまってきている感じ。


 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.