移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2021年の日記  (最終更新日 : 2021/04/10)
2月2日(火)の記 朝令暮改

2月2日(火)の記 朝令暮改 (2021/02/02) 朝令暮改
ブラジルにて


昨年までは…
大サンパウロ圏の地下鉄、バス、電車は60歳以上の高齢者は無料で乗車できた。
ところが年末の選挙で首長が変わると、クリスマス直前にいきなりこれを65歳以上に変更してしまった。

既得の権利を取り上げるとは何事かと声も上がったが、クリスマス休暇、そしてコロナ禍で盛り上がりが欠け…

消費者団体による訴訟が起こったが、けっきょく2月1日から65歳以上とされた、ということになった、ようだ。

されどブラジル。
ダメもとで今日、「60歳以上の」パスを自動改札にかざしてみると、パスできたではないか。
また事態が変わったのか?

ところが1時間ほどしてまた使用してみると、NGと出た。
改札にいたスタッフに聞くと、「サンパウロ政府の決まりが変わったのを知らないのですか?」ときた。
昨日、家人がメトロの券売所でこの件を聞くと。自分らは知らない、と答えたとか。

それにしても手口が日本の自公政権のようでいやらしい。

かつては日本からの旅行者でも60歳以上だと改札でパスポートを見せれば無料でメトロに乗れたのだが。
ここでサンパウロ交通公社のウエブサイトをあたってみる。
…大サンパウロ圏居住の65歳以上の人に適用、とある。

すると旅行者はそもそも適用外だったのか?
まあ郵便局でも局によって「決まり」が異なるぐらいだから。

みんなちがって、みんないい?



 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.