移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2021年の日記  (最終更新日 : 2021/04/10)
2月3日(水)の記 大豆ミートにあう

2月3日(水)の記 大豆ミートにあう (2021/02/04) 大豆ミートにあう
ブラジルにて


月曜にパウリスタ地区に出た際、見つけたビーガン系の店で「大豆の肉」を買った。
畜肉風に加工した大豆製品を乾燥させたもの。
僕はブラジルに移住してからこちらでこういう食品があるのを知った。

これは日本語ではなんと言うのか、調べてみよう。
ふむ、「大豆ミート」か。
もうひとひねり欲しいところだ。

もう30年近くなるだろうか。
僕がこれに出会った頃は、ひき肉タイプとブロックタイプがあるぐらいだったかと。
近年はスライス肉タイプ、フィレ片タイプもある。
フィレ片タイプを買って見た。

偏食系の家人が受け付けるだろうか?

乾燥キノコ類と炒めてみることにした。
数種の乾燥キノコと一緒に水でもどして、キノコのうまみを移行させてみよう。
ダシの素も入れてみるかな。

それにしても見た目は肉片そのもの。
うーむ、味の方はやはり大豆ミートの味。
だが食感はだいぶ畜肉に近い。

さて、家人の反応。
食べてもホンモノの肉かと思ったそうで、わるくない由。

うれしい思いと、これにたぶらかされてしまう程度の味覚かという、ちょっとがっかりした思いも。


 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.