移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2021年の日記  (最終更新日 : 2021/04/10)
2月13日(土)の記 住国の危機 祖国の危機

2月13日(土)の記 住国の危機 祖国の危機 (2021/02/13) 住国の危機 祖国の危機
ブラジルにて


カルナヴァルの時期に突入。
本来なら、どんちゃかと市内からテレビからかしましい時期。
さすがに今年はコロナ禍のため「公然とは」中止。

ブラジルのコロナ禍の状況は昨年7月の最悪の時期に迫る勢いだ。
いっぽう市内はあの頃の危機感とは遠い賑わい。
個人で自重せねば。

日本の知人とメッセージのやり取り。
買いもののため、しばし席を外す。
帰ってきてノートPCを再開。
日本の東北で震度6強の地震という速報。

まずは日本の気象庁のウエブサイトを開いてみる。
おや、こちらでは震度3だ。
時間も違う。

気象庁のサイトの速報の方は、6強の地震の後に続く余震だった。
そもそもこの度の震度6強も、10年前の大地震の余震とみられるという発表。

知人とのやり取りは、この件によりいったんペンディング。



  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.