移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2021年の日記  (最終更新日 : 2021/04/10)
2月14日(土)の記 野菜のエルザ

2月14日(土)の記 野菜のエルザ (2021/02/15) 野菜のエルザ
ブラジルにて


これまた何度か読みかけにしていた文庫本。
さらさらと、何度読み返しても面白いのでまた最初から…
ついに読了。

『身近な野菜のなるほど観察記』、稲垣英洋さん著、ちくま文庫。
冒頭の、学生時代に訪ねた友人の下宿の一室の話から強烈。

キャベツとレタスの違いは?
ダイコンとカブの違いは?
野菜と果物の違いと混同。

まさしく身近な「食材」が面白くわかりやすく奥深く広く俎上に載せられていく。
ダジャレ臭くなくダジャレをちりばめるというサービスも。

午後から訪ねる義母のところに置いてくることになりそう。
解説のこの部分を書き出しておこう。

「母や祖母たち、いやもう死んでしまった無数の女たち(ときには男たち)は、台所でこんなものと格闘してきたんだなあ。そのとき、台所の『先人たち』と、初めて心が通いあった気がした。」
小池昌代さんの解説より。





  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.