移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2021年の日記  (最終更新日 : 2021/04/10)
3月13日(土)の記 墓場とゲゲゲのはざまで

3月13日(土)の記 墓場とゲゲゲのはざまで (2021/03/14) 墓場とゲゲゲのはざまで
ブラジルにて


自分の原点は、と問われることもあまりないけれども。
小一時分の『ウルトラQ』と水木しげるだと思っている。

調べてみる。
水木しげるの『墓場の鬼太郎』の『少年マガジン』連載は西暦1965年。
これがテレビアニメ放送とスポンサーの事情で『ゲゲゲの鬼太郎』と改められたのが1967年。

僕は5歳年上の兄貴の買ってくる『マガジン』『サンデー』をものごころついた頃から読んできたので、『墓場』の方が自分の原点だといえる。

未整理極まりない蔵書のなかで『京極夏彦が選ぶ!水木しげる未収録短編集』という文庫本が目についた。
西暦1999年、ノストラダムスの予言の年のちくま文庫。

さて僕は小学生の頃はマンガ家になるのが夢だった。
後年、兄貴が独立して別居するようになると、自前をはたいてまでマンガ雑誌を買うこともなくたったが。

ブラジルに持参した日本語の本は古本屋を開きたいほどあるが、マンガ本はわずかである。
ここのところ、つげ義春にシビレた影響だろう、つげと縁のある大水木のこの短編集が目についた次第。

最後に収録された「てんぎゃん」が白眉。
水木には超人・南方熊楠の生涯を描いた傑作『猫楠』があるが、これは幼少年時代の熊楠を描いている。
解説によると他にも水木の熊楠ものがいくつかある由。

大熊楠は解説書も含めて読みこなすのは容易ではない。
それを大水木がマンガ化してくれているという僥倖。

うーむ、熊楠そのものを読まざるを得ないな。

追記:午前中、ミネラルウオーターの汲み出しに車で行って…
偶然が重なり、車を停めたところがトミエ・オオタケ先生のお宅の前だった。
あのお宅の近くのグラフィティを探してみようか、久しく行っていないが道の名前はなんだっけ、などと思い続けていたのだが。
尋常ではないものを感ず。



  


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.