移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2021年の日記  (最終更新日 : 2021/10/28)
9月3日(金)の記 牛カツリポート

9月3日(金)の記 牛カツリポート (2021/09/03) 牛カツリポート
ブラジルにて


家族にささやかなお祝い事あり。
トンカツをつくることを提案。

午後、近所の冷凍食材店で豚フィレ肉を購入。
わが家には電子レンジはなく、自然解凍。
この豚フィレ肉はチューブ型に固められている。
豚フィレの部位はそもそもひょろ長いようで、トンカツ用にどう切るかがなかなか。
適さない端肉はヤキソバか何かに使うか。

この量ではちょっと寂しいかも。
牛肉を解凍してそのままだったのを想い出す。
牛と、カボチャも揚げよう。

揚げたてを試食すると柔らかすぎるかなと思ったが…
牛カツ、家族に好評なり。

「どうして日本では牛カツはあまりないの?」
とわが子の質問。
ふむ、どうしてだろう。
牛肉が高いから、とあまり面白くもない答えをしておく。
高いから、カツにしてはもったいない、という理屈か…

日本ではトンカツ以外は…チキンカツの方が牛よりポピュラーではなかろうか。

ブラジルではカツ料理はミラネーザ(ミラノ風)と呼ばれるが、ふつう牛肉。
次いで鶏か。
豚のミラネーザには日本食をうたうレストラン以外に遭遇したことはないと思う。

わが小学校時代には給食に鯨カツ、というか竜田揚げがあったな。

 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.