移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2021年の日記  (最終更新日 : 2021/10/28)
9月12日(日)の記 森のパブ

9月12日(日)の記 森のパブ (2021/09/12) 森のパブ
ブラジルにて


最近、日本語情報でフィチンチッドの語をあまり目にしなくなった。
検索してみると「森林浴」しかり。
かといってこれらのオカルト性が明らかになったというわけではなく、日本人の「飽き」によるもののようだ。

自分もさることながら、家族に森の気を浴びてリフレッシュしてもらいたい。
…なかなかスケジュールやそれぞれの思いの調整がたいへん。

昨日、郊外で野焼きのシュラスコ食べ放題というところの今日の予約に挑戦するが、すでに満員札止めだった。
苦肉の末、これまでチェックしていた情報をさらい直して…

わが家から車で1時間強の「森のパブ」というところの予約成功。
山のなかで午前中、朝食食べ放題というシステム。
場所はこちらの亡義父ゆかりのところというのも不思議。

久しぶりに、普通には走れない土道。
ずばり海岸山脈のまっただなか。

ムジカセルタネージャと呼ばれる当地のカントリーミュージックをかなりの音量でかけ流しだが、まあ愛嬌か。
すべて手作り感がよろしい。

2時間ほど滞在、たっぷり食べて一服した。
町なかのわが家まで昼時間に帰れてしまうのもあっぱれ。

ごくわずかな滞在だったが、身心の爽快感が続く。
福島のこどもたちに数日間の保養を、というプロジェクトがいろいろあった。
数日ぐらいで効果があるのかと思っていたが、わが身を持って転地の効用を味わう。


 


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.