移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2021年の日記  (最終更新日 : 2021/10/28)
9月13日(月)の記 日本の鉛筆

9月13日(月)の記 日本の鉛筆 (2021/09/13) 日本の鉛筆
ブラジルにて


今日のタイトルを考えていて、あの歌「一本の鉛筆」について検索する。
ええ、作詞は松山善三、作曲は佐藤勝!
して、ウイキで美空ひばりさんの広島でのエピソードを読んで、胸が熱くなる。
ひばりさんに「さん」を付けたのは、ちょっと不思議な「多生の縁」があるから。

鉛筆のHBやFというのは日本限定用語かと思い込んでいたが、世界共通だと知ったことを書こうと思っていた。
FというのはFINEだとなにかで読んだ覚えがあったのだが、FIRMだとあるではないか。

…「一本の鉛筆」の気付きがずしりときてしまった。
エンピツのこと、いずれまた書きます、今日はこの辺で。

日本の鉛筆より、一本の鉛筆。
そうそう、エンピツ画をもとにしたゲームができたとの記事もあった。
ゲームをたしなまないので、よくわからないのだけれども。
エンピツというローテクがいい。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2021 岡村淳. All rights reserved.