移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
Quem e Quem
     サービス業関係  (最終更新日 : 2003/04/11)
サクラ旅行社社長: 渥美 誠さん

サクラ旅行社社長: 渥美 誠さん (2003/04/11)
000050.jpg
氏名渥美 誠
住所サンパウロ州 サンパウロ市
職業サクラ旅行社社長
生年月日1950年 血液型O型
出身地神奈川県
渡伯年月日1957年 ボイスベン丸


2002年6月

※ 何歳の頃ブラジルに来られたのですか?

 6歳のときです。
この前、映画「外人2」のロケ中に、出演していた姉が亡くなったんですが、戦後すぐに、うちの姉はアメリカ人と結婚して、アメリカに移り住んだんです。うちの父は戦争に行った人だから、日本にいては恥じだからブラジルに行こうということになったんです。父は物凄く厳しい人だったんです。その頃、僕はまだ小さかったからよく覚えてないけどね。うちの姉はカナダ生まれだったから、英語も話せたしそういうことも影響していたんでしょう。

※ お父さんはどういう職業をされてたんですか?

戦前、うちの父は外交官だったんです。

※ ブラジルに来られてどういうことをされていたんですか?

リンスのちかくに入って農業をしていましたが、父が身体を壊して、サンパウロのイタケーラの方に移って農業をしていました。

※ その頃の思い出って何かありますか?

少しはあるけど、病気したでしょ。視力が落ちたのもそのせいだけど。だからあんまり記憶に残っていないんです。

※ こちらで大学まで行かれたんですか?

そうです。エンジニア・セグランサを勉強しました。

※ 就職する前には何回か日本に行かれているんですか?

在学中にバリグで働いていましたから、それで何回か行かしてもらっています。

※ 渥美さんは、日本語もポルトガル語も非常に上手なんですが、今はどちらの方がいいですか?

 6歳の頃に来て、家で家族のものと話す以外はポルトガル語だったから、結構忘れている言葉もあるよね。ポルトガル語の方が簡単に出てきますね。今はこういう仕事(主に日本人相手の旅行社)をしているから日本語を使うことの方が多いけど、部下たちがみんな二世、三世の日系ブラジル人だから普通はポルトガル語です。

※ 渥美さんは、身長もスラリと高いし、昔はもてたんじゃないですか?

はははは、自分はそんなに思っていなかった。身長は182あるんですが、さすがにその頃日系人でこんなに高い人はそんなにいませんでした。

※ どうして旅行関係の仕事をするようになったのですか?

82年に病気になったんです。頭に血が貯まって危機一髪で手術したんです。もし破裂したら死んでたでしょうね。それで目の神経がやられて、当時はほとんど見えなかったんですが、少し回復して普通の7%くらい見えるようになったんです。ちょうどドアの鍵穴から覗いているような感じです。だから、普通の仕事はできないから5年間くらい遊んでたわけです。このサクラ観光を親戚が持っていて、何もしてないのもよくないから、やらないかということになったんです。目が見えないので友達をいれたんですが、うまくいかなくて、結局しめることになったんですが、その後始末をしにサクラに来て、それから結局15年間続いています。
今はバリグのチケットの販売だとか、いろいろな飛行機会社の代理業とか、国内のバス、飛行機ツアーのオペレーションなどをしています。今後は、日本からの旅行者のお客さんにも対応して仕事をしていこうと考えています。

※ よく15年も続けてこられましたね。

ほとんどゼロから始ったんですが、バリグに8年くらいいましたから、旅行業界の筋もだいたいは分かっていたわけです。そういうこともあって後始末をやっている間に、この仕事は伸びるんじゃないかと、本腰入れ始めると面白くなってきたんです。
やっているうちに少しずつ大きくなってきて、今は従業員も30人くらいいます。でも去年のアメリカのテロ以来なかなかこの業界も大変です。

※ 出稼ぎの仕事はやられなかったんですか?

やりたくなかったのでやっていません。その代わりに国内旅行の仕事に力をいれました。その頃は日系では国内旅行に力を入れているところはほとんどなかったんです。うちがやり始めて5年、国内観光といえばサクラという名前がでるようになってきたと思います。
今まで会社が続いているということはうれしいことです。今多くの日本人が海外旅行に出ていますが、そのうちブラジルにくるのは0.2%ぐらいじゃないんでしょうか。それが増えれば、ブラジルのためにもなるでしょうし、例えばホテルや観光関係の業界がよくなれば、日本に行く人も少しは減るでしょう。
普通、日本のメディアは、ブラジルの悪いイメージしか書かないでしょう。それをよくしたいなと思っています。これからはみんなが安全に旅行できるようなブラジルのインフォメーションをしっかり出していきたいですね。やっぱりブラジルに来た人に満足してもらって帰ってもらいたいですから。それがこの仕事をやっていてひとつの喜びでもあります。

※ ブラジルの魅力ってなんでしょう?

とくに、景色、イグアスの滝、アマゾン、リオ。女性もきれいだし。食材も豊富だし世界中の食べ物が食べられし、人がいいよね。

※ 日本に何回か帰られていると思いますがどうでしたか?

仕事の関係で何回かいっていますが、最も長くて4泊。どうしてかっていうと、目が見えないということもあるけど、狭苦しくて面倒くさいから、どうしても早く帰ってきたくなっちゃうんです。

※ 日本に対して何かありますか?

もう少しゆっくりした気分になって欲しいですね。いつもせかせかしている感じがします。
ブラジルに来る人もだいたいみんな8日くらいでしょ。あと、2,3日のばしてきてもらえれば、いい旅ができると思います。

※ 今後の夢は?

ブラジルの国内旅行をもっと充実させたいですね。これはサクラ観光だけでなくブラジル旅行業界全体の仕事が増えて、みんな一緒に仕事ができる、そういう風になればいいですね。

サクラ観光ホームページ
http://www.sakuratur.com.br


上へ / 次のページへ

© Copyright 2019 K&S. All rights reserved.