移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
Quem e Quem
     サービス業関係  (最終更新日 : 2003/04/11)
明石屋商会経営: 尾西 貞夫さん

明石屋商会経営: 尾西 貞夫さん (2003/04/11)
000054.jpg
氏名尾西 貞夫
住所サンパウロ州 サンパウロ市
職業明石屋商会経営
生年月日1935年6月7日
出身地兵庫県明石
渡伯年月日1968年 アルゼンチナ丸

2002年12月

※ どういう形で来られたんですか?

 単身、技術移民で来ました。僕は、木型師だったんですが、機械組み立てで来たんです。ちょうど日本に移住斡旋業者みたいなのがあったんです。その人に頼んで、ただ仮の契約だったので、着いたら自分で仕事を探す条件だったんです。だから経費だけ移住事業団にだしてもらったんです。

※ どうしてまたブラジルだったんですか?

川崎製鉄で働いていたんですが、そこで働いている人にたまたまブラジルから帰ってきた人がいて、話していたら面白いから、じゃー行ってみようかと気持ちになったんです。まあー、悪くてもともとですし、よければそれでいいわけですから、全然成功だなんて考えてなかったです。300ドルもって来ました。

※ 言葉なんかどうです?

言葉なんか未だにわかりません。ははは。必要なら誰か通訳つけてやればいい、と思っていましたから。本当はそういうことをしたらだめなんだよ。

※ ブラジルで何かしたいとか、そういうのはなかったんですか?

 ただ、商売したかったね。こちらに来ると、一人で自由にできるでしょ。日本だといろんな人がいて神経つかってやらんといかんでしょ。それがあったから面白いんじゃないかなと思ってやりはじめました。2年半くらいサラリーマンやったかな。それから、こういう商売したんです。

※ 今、この商売は長いんですか?

 32年かな。早いですね、もう32年になるんですね。
 やっぱり人というのは運プラス努力ですね。絶対に運がないとだめですね。その運をいかに掴むかっていうとこが大切。

※ なんでお土産屋さんをはじめたのですか?
 
最初、友達がいまして、そこをたまたま手伝っていて、はじめたわけです。石関係なんか知り合いがみんな山にいたから、楽でした。別にこれといったきっかけはなかったですが、そういう感じです。

※ 何が一番儲かりましたか?

宝石です。金額も大きいものだし、小さいもんでしょ。また良く売れたし。とくに僕は山に友達がいるから、その関係で貴重な石がたくさん入っています。やっぱりアグアマリンとかエメとかですね。ブラジルはほとんどの石が出ます。特にアグアマリンが有名です。ただ、いい石がなくなってきたよね。
こういう商売しているから付き合い多いですよ。だからいろんなきっかけで、僕が頼んで山田洋次さんや立川談志さんなかにもブラジルに来てもらいました。山田洋次さんには「男はつらいよ」の撮影をしてもらおうと思いましてね、6000人くらいの署名をもらって頼みに行ったことがあります。今考えると、そのときもう、渥美清さんは病気だったんだね。だから無理できなかったのでしょう、断られました。リベルダージの町おこしのために、やりたかったんです。ちゃんとストーリーを書いてきた人もおってね。面白かったよ。

※ どういう役職をやられているんですか?

今は、兵庫県会長と援協の副会長とイビラプエラ公園の日本館の委員長と錦鯉の会長、あとリベルダーデ商工会の会長は5年やっていました。

※ あと6、7年で移民100年ですよね。それについて何か考えていることはありますか?
 
移民100年といえば、もうすぐですね、でも僕なんかそこまでやる地位にいってないもんな。よく新聞にでるけどひとつもまとまってないよね。

※ 個人としてこれからの夢は?

来年60になるんですよ。お店をもっと小さいところでやろうかな、と思っています。こういう店を閉めるのは大変なんです。とにかく税金が凄い。在庫を出すと全部税金がいるんです。大きいよ。店開けるのは3日でできるんですが、閉めるのには5年かかります。だから、開けた所はみんな困っているもんね。

※ ここは、場所もいいし、信用もあるし、続けていけばいいんじゃないですか?

跡取がおらんもんな。子供にはやろうと思わんわ。僕の商売は教科書に無い商売だから、子供につがそうとしてもだめなんです。僕のやり方はささいなことでもいいの、人と知り合うと必ずお付き合いするんです。手紙を送ったり、コーヒー送ったり・・・・。できることがあれば、してあげます。だから、日伯修好100周年のとき、あやの宮様が、リベルダーデ広場にきましたよね。あれは、僕が北方領土返還を一生懸命やった有名な方に頼んだんですよ。そのときは、ここにアーケード街を作ろうと思っていたんです。でも金がなくてできませんでしたが・・・。それのテープカットをしてもらおうと思っていたんです。去年、山田洋次さんが来たでしょう、あれも交流基金を通してきているけど仕掛けたのは僕なんですよ。

※ NHKの「29年目の乗船者名簿」という番組に出ていらっしゃいましたよね。反響とかありました?

 日本から来た人が、「この店、この店」って店の前で、よくいってますよ。僕は、単身でやってきて、面白いことやっていたのでクローズアップされたんでしょう。あと、空手やる人とかね。
10年後に取材にNHKが来た時、リベルダーデにいることもあって人探しからなんからぼくが大分世話したんです。大きなことをしようと思った人はみんな帰っちゃってる。僕なんか悪くてもともとそれでいいと思っていたもん。でも、日本に引き上げた人も多いですね。
 船の旅って楽しいね。もう一辺やってみたいよ。朝起きると、洋食と和食がきちんとならんでいるしね。ボーイさんが5人の部屋に一人ついていて、いたせりつくせりよ。朝から晩まで楽しかったなー。マージャンやったり、グループ作って喧嘩したりな、面白いよ。300ドルしかもっていないから、マージャンしてもあまりかけられなかったけど。NHKが乗っていたから、赤道祭から、よけいにいろんな行事があったんですよ。ブラジル丸と洋上でかち合う時なんか、風船流して、感動的よ。嵐になると凄くて波の谷に入ったりね。それは凄いもんですよ。パナマ運河を通ったりしてね。ああいうの、もう1回ないかなー。中の雰囲気もただ観光で来るのと違って全然違うしね。

※ 日本の若い人にアドバイスというか一言ありますか?

 サッカー青年がくるけど、あれは、もうちょっとまじめに来て欲しいね。髪の毛へんな格好して、おるじゃないですか。ブラジルは特殊な技術持っておればいいところだろうけど、普通平凡に来るんだったら、まだ日本にいた方がいい。そんなにいい給料ももらえないしね。もう全然僕らが来た頃とは環境がかわちゃったもんね。治安も悪くなかったしね。
 今の青年たちは夢も大きいだろうけど、もうちょっと、慎重にして欲しいね。なんというか重みがないよね。あんまり簡単に考えすぎてるよ。ブラジルは移住で来ることもできなくなったし、今はあんまり来なくなったからいいけど。でも多少なりとも日本よりはいいかもしれんけど、こんだけ不景気になってくれば難しいわな。インフレがあったでしょ、あの頃の方がお金が回って活気があってよかったよね。インフレは悪いっていうけど、国民は喜んでいたもの。輸入制限はよくないけどあんまりどんどん輸入しちゃうと、国内産業が伸びないよね。国内は税金高いでしょ、だから工場は閉めちゃって、みんな輸入しているよ。そうなると一般市民は仕事がなくなって泥棒になるのが多くなるよね。

※ 来年の見通しはどうなりますかね?

どうなるんだろうね。僕らはよくわからんけど。インフレは多少は抑えてもダメだろうね。今まで、ゼネストやりなさいって言っていた人が大統領になって、やられる立場になってどうなるんでしょうね? 
ブラジルの専門家たちがいろんなデーター出していますが、あれはどこからでているんでしょう?。ノルチ(東北伯)なんてでますかねー。実際どうやってでるのか不思議ですね。

※ ブラジルきて後悔したことありますか?

それはあんまりないなー。ブラジルは自由にやれるからいいよね。日本だと親戚や兄弟のことでなんだかんだしないといけにでしょ。ここは自分の思うと通りにやれる。僕はそういうのが好きで、なんでも思ったらぱっとやるからね。ただ、今はあんまり当たらんからね。前はよかった。若い時のいい時は進んでいけるよ。上手に運を掴んで、努力すればいいよ。私も品物もって、商売にあちこち行ったよ。楽しかったな。
ブラジルに来たことは、誰にも迷惑をかてないし、自分の好きなことができているからそういう点ではラッキーだと思います。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

© Copyright 2019 K&S. All rights reserved.