移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
Quem e Quem
     文化・芸術・スポーツ関係  (最終更新日 : 2003/04/11)
アリアンサ事務局長: 越智 清忠さん

アリアンサ事務局長: 越智 清忠さん (2003/04/11)
000082.jpg
氏名越智 清忠
住所サンパウロ州 サンパウロ市
職業アリアンサ事務局長
生年月日1940年
出身地サンパウロ州 ミランド市
渡伯年月日


2001年2月

※越智さんはブラジル2世ということですが生まれたのはどちらですか?

サンパウロから約700キロほど離れたミランド市です。僕のところはアリアンサといって特別日本人が多いところでした。

※弓場農場のあるところですか?

そうです。弓場農場は第2アリアンサですが、うちは第1アリアンサです。

※ご両親の日本の出身はどちらですか?

愛媛です。

※アリアンサ(日伯文化連盟)で働くまではどういうお仕事をされていたんですか?

ずっと1961年に南米銀行に入ってそれからアポゼンタ(定年退職)するまでと35年間、55歳まで働きました。ここにきて約2年になります。

※日本語が非常にお上手ですが、どういうふうに勉強されたのですか?

親父が、ポルトガル語があんまりできないんですよね。それでずっと日本語を話していましたから。小さいときに、教科書で6の巻きまでやりました。
あの頃は戦争で、日本は敵国でしたから、昼は日本語を勉強できませんでした。だから夜勉強しました。だけど子供だから日本語なんかどうでもいいと思っていましたから、書くのも、読むのもできません。話すだけですよ。

※日本には何回か行かれたことがるのですか?

 80年ぐらいのときに南米銀行の中で選ばれていく予定になっていたのですが、ちょうど副支店長が病気で、いけなくなりまして、それからいかずじまいです。
5年くらい前に、両親を日本に送ろうという話になって、兄弟みんなでお金を集めて行く予定だったんですが、親父が病気になってしまってとうとう日本にいけなくなってしまったんです。親父が日本に行っていれば僕も行ってもいいですが、親父も行っていないのに、僕がいけません。他の外国は行きましたが、日本だけは行っていません。

※アリアンサ(日伯文化連盟)で働くようになったのはどういうきっかけからですか?

ここの責任者である西川さんとジュリオ・明美さんに、何もしていないんだったらアリアンサを手伝ってくれないかということで始めました。今は事務局長をやっています。

※日本語の教師はほとんど女性の方ですが、なかなか大変ではないですか?

銀行もそうで慣れていましたから、そんなに大変だとは思いません。

※今のお仕事で大変なことは?

アリアンサがよかったのは、日本のバブルの時期でちょうど出稼ぎの多かった時期です。あの頃は部屋がいっぱいで外でいいから授業を受けさせてくれ、というほどでしたが、入った当初は、経済状態が悪かったんです。それでうまく軌道に乗せて運営していくまでが一番大変でした。おかげさんで、今はみなさんにいろいろお手伝いしてもらって、今年は自分の足で歩けるようになりそうです。
 ここの収入の一番は日本語の授業なんですが、去年の末あたりから生徒数も大分増えてきました。
ここ1年で50%ほど増えています。

※ほとんど日系の方ですか?

やっぱり日系の方が多いですけど、非日系の方も大分入っています。

※非日系の方はどうゆう目的で勉強をしているんですか?

漫画などのおかげもあるでしょうが、経済もよくなっていますからそのせいもあるでしょう。

※今後はどうのようなことをやっていきたいと考えていらっしゃいますか?

アリアンサにおいては、生徒数を増やすことが一番です。今年は少し楽になりましたから、本を作ったりイベントを催したりしたいですね。

※アリアンサで日本語のCDを出していますよね。

 ええ、「日本語能力試験」と「日本語で話をしましょう」というものでコンピュータで日本語を勉強しましょう、というものです。将来的にはコンピュータを使って自主勉強をして、疑問があったら先生に聞くというような試みもやっていきたいですね。今はコンピュータの時代ですからそっちの方もどんどん力を入れようと思っています。

※個人的には将来はどういうふうなことをやりたいと考えていますか?

僕は個人的にはカラオケが好きですから、みんなにカラオケをやろうといっているんです。だけど場所がないんです。カラオケも始めるのはいいんですが、結構資本がかかりますからね。機材もかかるし、先生を雇うとなると安い先生で1ヶ月300~400レアルかかりますから・・・。それをみんな生徒から集めて払うとなるとそう簡単なことではないですね。

※家では日本食がやっぱり多いですね。

 僕はコレストロールの値が高くて、日本食を食べるようにしています。うちの家族もみんな日本食好きですし。

※奥さんは?

 日系3世です。家庭ではポルトガル語で話しますが習慣は日本と同じです。だから息子たちは4世になるわけですが、まだ日本人と同じです。ははは。

※今の日本をみていてどういう風に思いますか?

 日本のニュースやテレビをみていると、ブラジルが遅れているな、と思いますね。

※よく日本のテレビをよくみられるのですか?

 歌の番組を録画してもらってよくみます。特に演歌、ニュー演歌がすきです。

※自分ではどういう歌を歌うんですか。

本当は北島三郎や、吉幾三なんかの演歌がすきなんですが、大会に出て歌うと全然点数をくれないので、ニュー演歌に変えました。みていると審査員に受ける歌というのがあるようです。一回細川たかしの「女のしぐれ」を自分では上手に歌えたと思ったのですが、点数は一番悪かったですね。

※ブラジルは何年くらい前からカラオケが盛んになってきたんですか

85年くらいからです。今はサンパウロだけで週末になると大会が5つか6つあるようです。

※今の日系コロニアについて、どう思われますか?

今は1世の人が少なくなりました。中心になってやっているのはほとんど2世ですね。だからどこの日系のクラブに行ってもアメリカンナイズされた印象をうけます。ちょっと寂しいですね。
 日本語はもちろんですが、日本文化を普及していくのがアリアンサの役割ですからがんばっていきたいと思っています。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

© Copyright 2019 K&S. All rights reserved.