移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2005年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2006/01/03)
Vol.019「信州、開拓、そしてシャーマニズム」 中牧弘允さん

Vol.019「信州、開拓、そしてシャーマニズム」 中牧弘允さん (2006/01/03) 放送: 2005年12月27日(火) ブラジル時間 10:47 ~ 12:59 (2:11)
出演: 中牧弘允(ゲスト)、松本浩次(レギュラーゲスト)、大久保純子、高橋晃一

番組初!日本からのゲスト、国立民族学博物館(大阪府吹田市)民族文化研究部教授の中牧弘允さんをお迎えして生放送。アカデミックな世界からのゲストということで、当初、スタッフ一同緊張の面持ちでお迎えしたのだが、中牧さんの優しい雰囲気のおかげで、次第に緊張の糸もほぐれ、いつものブラジル日和となる。
何でも体験することから始まる人類学を専門とする中牧さんの研究テーマは、日本宗教と日系宗教の人類学的研究、会社文化の人類学的研究、ブラジルの民衆文化、アマゾンの先住民文化、カレンダーと文化比較と幅広い。一見、何の繋がりもないこれらのテーマが、中牧さんが語ると全てが繋がる。カレンダー等、日常の何気ない風景が中牧さんの分かりやすい解説で意味深いものとなる。
中牧さんは、現地調査における体験談も豊富だ。アマゾン先住民の生活やサント・ダイミなる宗教儀式に使われる飲み物にまつわる体験談は興味深い。また、サンパウロ大学で研究している西雅代さんのブラジル児童文学論も加わり、知られざるブラジルを発見できる今回の放送であった。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20051227.mp3


前のページへ / 上へ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.