移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2006年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2007/01/06)
Vol.027「ガルシアゆうみのスタイル」 ガルシアゆうみさん

Vol.027「ガルシアゆうみのスタイル」 ガルシアゆうみさん (2006/03/19) 放送: 2006年3月16日(木) ブラジル時間 10:14 ~ 12:09 (1:54) 日本時間 22:14~12:09(1:54)ダウンロードはゲストコーナのみの1時間32分55秒です。
出演: ガルシア ゆうみ(ゲスト)、松本 浩治(レギュラーゲスト)、大久保純子、高橋晃一

 大久保純子が夏風邪にかかり放送危うし!
と言いつつ、放送が始まれば、いつもの大久保節が冴えわたる。
ゲストのゆうみさんは、ブラジル人の父親と日本人の母親がベルギーで出会って当地で生まれた。その後は家族と共に、アメリカ、ブラジル、日本を渡り歩く。
 幼い頃から自分のスタイルを貫き通す。明星学園(東京)での小中学校生活と神戸の高校生活のギャップにまつわる話が面白い。自称日本社会のアウトサイダー。
 大学はベルギーを選び、女性運動をはじめ、様々な社会運動に関わり始める。その後、活躍の場をブラジルに移して、現在はサンパウロ大学博士課程で「女性と子ども」に関する研究を進める2児の母である。
 ゆうみさんの生き方はアグレッシブに見える(聴こえる)かもしれないが、その語りは知的で冷静、そして明るい。努力で自身のスタイルを貫くと共に、いろいろな国での経験が彼女の価値観を形成しているのだろう。
と、スタッフの高橋晃一は感じたが、リスナーの皆さんはいかがだろうか?

それでは聴いてみましょう。
http://brasil-ya.com/radio/20060316.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.