移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2006年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2007/01/06)
Vol.035「金原正幸の『オレの話を聞け!』」 金原正幸さん

Vol.035「金原正幸の『オレの話を聞け!』」 金原正幸さん (2006/05/15) 放送:2006年5月11日(木) ブラジル時間 09:59 ~ 12:03 (2:03) 日本時間 21:59~00:03(2:03)。今回のダウンロードは2時間3分。
出演:金原正幸(ゲスト)、松本浩治(レギュラーゲスト)大久保純子、高橋晃一

 放送前からノリのいいトークが冴え渡る今回のゲストの金原さん。いつもは、ゲストに質問の嵐を浴びせる大久保もタジタジ。高橋に至っては、ただただ、二人の様子を見て笑っているだけ。
 放送が始まっても、金原トークの勢いはそのまま。いつもはスタッフだけのブラジルニュース・コーナーが、現役実業家の金原さんによるブラジル経済解説で非常に内容の濃いものとなる。
 大学でポルトガル語を専攻し、ブラジルへの道を開いた金原さんは、休学して当地の日本語学校で教師を勤める。この一年間のブラジル体験は、その後の金原さんの人生の指針を決めた。外務省の派遣員制度を利用して、リオ・デ・ジャネイロ大使館職員として2度目の渡伯、3度目は日本企業の駐在員として当地で生活する。現在は、アパレルを取り扱う輸出会社を経営する実業家だ。
 それぞれの仕事にまつわる話・裏話、それに加えて、リベルダーデでカラオケ店を開いた話や奥さんとの出会い話など、最後まで金原さんの軽快なトークは衰えることなかった。スタジオ全体に笑いが絶えない、もちろん、リスナーの皆さんも一緒に笑ってくれたであろう放送となった。

それでは聴いてみましょう。
http://brasil-ya.com/radio/20060511.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.