移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     ブラジル日和とは  (最終更新日 : 2012/06/30)
こんな思いでやってます!

こんな思いでやってます! (2006/03/09) 「ブラジル日和」はブラジルに住んでいる普通の移民の方々をお招きして、その方がどんなきっかけで、ブラジルへ来られたのか、どんな生活をしてきたのか、お話をお伺いするというものです。

もちろん、移民ではなくても、ブラジルが好きな人、ブラジルに関係する方でも趣旨をご理解して下さった方にはご出演願っています。

基本的にブラジル・サンパウロから週に1回、Livedoorのネットラジオのサービスを使って生放送しております。その時はチャットなどを通して、放送にぜひ、ご参加下さい。

また生放送中は、「移民の声のライブラリーを目指した『ゲストコーナー』」、歌手の井上祐見さんの「井上祐見のスウィート・カフェ」、「レギュラーゲスト・松本記者がその週の日系ニュースを語る『日系社会コーナ』」もしくは「2人のサンパウロ在住女性が日常を語る『タミキー&ジュンキーのよた話』」「ブラジルニュース」などをその時々で盛り込む構成です。

 これら中で、このホームページには「声のライブラリーを目指した『ゲストコーナー』を中心とした部分を半永久的にアップしていくつもりです。

 また、出演して下さったゲストの方々には、その日の放送をCDに録音し、心ばかりの御礼とさせて頂いております。参考までにそのCDジャケットに記載している文言をご紹介させて頂きます。

---------------

 本日はインターネット・ラジオ「ブラジル日和」にご出演頂きまして、誠にありがとうございます。
Muito obrigado pela sua participação na radio de internet “Brasil Biyori”.

このCDには         さんがインターネット・ラジオに出演して下さった時にお話して下さったものが入っております。

おもにブラジルへ渡るきっかけやその生い立ち、ブラジルへ渡って来てからのことなど、その方のそれまでの人生を語って頂いております。

いつかこのCDがお子様やお孫さんなどが自分のルーツを聞きたくなった時、“じっちゃん”“ばっちゃん”または“お父さん”“お母さん”などから聞けなかった大事な話を聞く一助になれば、と思っております。

なぜなら日本語の読み書きは難しくても、「聞くことはできる」という2世3世はたくさんいます。CDから翻訳することも、本にすることも可能です。また、親子だと恥ずかしくて言えない、聞けない事も、他人が聞くことで話せます。

ご出演して下さった方は、こうしたことを了承して、自分の人生をお話して下さった勇気のある方です。ですから、このCDがいつか、ご家族の間、いえ、貴重な移民史の資料となるのではないか…と思っております。

人にはそれぞれ、さまざまな人生があります。

特に日本から移民してこられた方の人生は並大抵ではありません。

ご本人が語ったその人生は、すばらしい記録だと思っております。

いつかこのCDをお子さんやお孫さんが手にとって下さる日を夢みて…。

なお、このCDに入っているゲストのお話は、本人の了承をもって、当サイトに掲載しております。
    年  月  日
ブラジル日和 スタッフ一同より


Neste CD está gravada a entrevista do Sr./Sra.   no programa do Rádio-Internet.

O assunto é a sua vida, antes e após a sua chegada ao Brasil, bem como o motivo de sua vinda.

Um dia, quando seus filhos e netos procurarem por suas raízes, gostaríamos que esse CD fosse um importante documento para se interarem de estórias que eles não puderam ouvir diretamente de seus pais e de ¨Ditian¨ e ¨Batian¨.

Há nisseis e sanseis que entendem mas não sabem ler nem escrever o japonês.

É possível traduzir o conteúdo do CD e até transformá-lo em livro.
Há assuntos difíceis de seram abordados entre pais e filhos, mas se as perguntas fossem formuladas por pessoas estranhas, tornam-se fáceis de serem respondidas.

O entrevistado é uma pessoa corajosa que ciente desses fatos, concordou em contar a história de sua vida.
Cada um tem seu destino, mas a vida dos imigrantes japoneses não foi nada fácil.

A vida narrada pelo nosso entrevistado é um importante registro para o futuro.

Esperando que um dia esse CD caia nas mãos dos filhos, dos netos.....
Data
Da equipe de Brasil Biyori


上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.