移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2007年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2007/12/26)
Vol.076 「リオ州で農に生きる」 原 林平さん

Vol.076 「リオ州で農に生きる」 原 林平さん (2007/07/24) 放送: 2007年6月23日(土)ブラジル時間10:07 ~ 12:02(1:55) 日本時間22:07 ~ 00:02(1:55)、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間25分21秒です。
出演: 原 林平(73歳、長崎出身)、松本浩治、大久保純子、宮坂知佳、高橋晃一(協力)


リオ州ノーバ・イグアス郡のチングゥアへ出張録音してお話を伺った。
原さんは1960年に単独移民でやって来た。
日本人がいない所を求めてリオ州へ。戦後のリオ州の農業の歴史を拝聴した。
約4年前、原さん70歳の古稀の祝いの時、サーカスのテントを借りて、娘息子6人が開いてくれた古稀の祝いは盛大なものだった。
子供たちが原さんの歴史を綴ったビデオを制作し放映。孫がバレエを披露した。
さらに原さんの6人のお子さんのうち、長女にあたる方は奥さんの実の末妹。小さい頃から一緒に生活し面倒を見て、養い子として今は兄弟である。
そんな優しい原さんだが、ケンカをする時はする。融資に関しても、ブラジル銀行、事業団(JICAの前身)、コチア産業組合とさまざまな所とケンカをし、それでも最後には人から信用され、可愛がられる原さん。
わずか1時間ちょっとのインタビューでは、そのすべては伝わらないかも知れない。
だが、「負けるもんか!」の精神で生き抜いてきた原さんの人生のひとかけらがひしひしと伝われば幸いである。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20070623.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.