移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2007年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2007/12/26)
Vol.078「響ファミリー見参!」響彬斗さん&響悠嘉さん&響一真さん

Vol.078「響ファミリー見参!」響彬斗さん&響悠嘉さん&響一真さん (2007/08/08) 放送:2007年7月1日(日)ブラジル時間11:30~13:11(1:41) 日本時間23:30~01:11(1:41)、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間35分49秒です。
出演: 響彬斗(ひびき・あきと)、響悠嘉(ひびき・ゆか)、響一真(ひびき・かずま)、大久保純子、松本浩治

 今回は超ゲリラ放送。わずか2時間前に放送を行うことが決まった。
 ゲストの響彬斗さんと一真さん兄弟は、実はお父さんが2世で、お母さんが1世のブラジル育ち。幼い頃から「芸能一家」として育ち、日本舞踊の花柳流、和太鼓、歌をたしなむ2人だ。18歳で日本へ大衆演劇を学びに旅発った彬斗さん。4年前、同じく高校卒業後すぐに兄の元へ行った一真さん。2人の化粧をした姿は本当に美しくとても男性とは思えない。
 そして、紅一点の悠嘉さんも、ユニークな経歴の持ち主。高校卒業後、東京でOLをしていた時、たまたま渋谷で子どもの頃からファンだったというドリフターズの仲本工事さんのお店を発見。仲本さんの公演に通う日々から仲本さんの付き人として、働き出し、芸の道へ入った美しい女性だ。
 この3人が1年半前に「響ファミリー」を結成。今回は初のブラジル公演を果たした。
 響兄弟を子どもの頃から知る人々に囲まれて、わずか1週間の短い期間ながら、数ステージを熱演。
 彬斗さんはすでにCDを3枚リリースするなど、3人の一風変わった経歴と共に「平成版・梅沢富男!」として今後注目を浴びそう。
 インタビューをして、彼たちのしゃべりのうまさ、気の配りよう、頭の回転の速さに脱帽。1時間35分があっという間に過ぎてしまいます。どうぞ、お試しあれ!

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20070701_hibiki.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.