移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2007年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2007/12/26)
Vol.082 「通訳はコミュニケーション」 磯田豊さん

Vol.082 「通訳はコミュニケーション」 磯田豊さん (2007/09/19) 放送: 2007年8月18日(土)ブラジル時間 10:08 ~ 12:27 (2:19) 日本時間 22:08 ~ 00:27 (2:17)、ダ ウンロードはゲストコーナのみの1時間14分56秒です。
出演: 磯田豊(ゲスト)、細川多美子、砂古純子、松本浩治、大久保純子、高橋晃一(協力)

磯田さんはブラジルにおける日本語・ポルトガル語通訳・翻訳界のトップレベルにいる人物。
一方で長髪を束ねた風貌はどこか芸術家を思わせる。7歳の時に家族でブラジルに渡った磯田さん。大学は建築学を専攻し、卒業後、10年ほど住宅設計に携わった。
ブラジルに渡ってから日本語を忘れることはなく、逆に日本語を磨いた磯田さんは15歳の頃から日本語を教えていたのだという。
日本語とポルトガル語の両方を使いこなす磯田さんだが、20歳を過ぎた頃に自身のアイデンティティに苦悩する。悩み、苦しみ、そして答えが出たのは40歳を過ぎてからだった。
トイレに行けない、食事が出来ないなど、通訳・翻訳にまつわるエピソードには事欠かない。そしてもちろん、極意も伝授する。
「自分で自分を評価して成長する」。この言葉を実践してきた磯田さんには自信がある。インタビューの最後に、「言い残したことは?」と聞かれ、子供たちにメッセージを語ってくれた。
「自信を持て」と。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20070818.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.