移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2007年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2007/12/26)
Vol.084 「街角の雰囲気を求めて」有田 清さん

Vol.084 「街角の雰囲気を求めて」有田 清さん (2007/10/12) 放送: 2007年9月15日(日)ブラジル時間 10:00 ~ 12:09 (2:09) 日本時間 22:00 ~ 00:09 (2:09)、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間22分29秒です。
出演: 有田清(ゲスト)、大久保純子、高橋晃一(協力)

「放浪癖」という病にかかった有田さんは、高校生の頃から日本全国を野宿で回り、地を地で行く人生を送ってきた。放浪癖は大学生になっても治ることはなく、日本各地を貧乏旅行。そのうち、知らないことがたくさんある外国を知りたいと思い始める。
海外進出に選んだのはブラジル。海外移住事業による技術移住者として日本から遠く離れた国の土を踏んだ。移住に反対した家族には「2年で戻る」 と説き伏せて…。
ブラジルで何年か会社勤めをした有田さんは独立を決意。東洋人街(当時はまだ日本人街だった)サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化協 会(現ブラジル日本文化福祉協会)ビル内に「マミアナ」という日本食レストランを開く。今となっては伝説の日本食レストランだ。
「忙しかった」と当時を回顧する有田さん。レストランを切盛りしていく中で溜まっていくフラストレーション。そして、客として訪れる旅行者、学生と交流。
放浪癖が再発した。訪れる街での何気ない会話、雰囲気を探しに再び世界を放浪する旅に出る。
現在61歳の有田さんは日本とブラジルを行き来する生活を送る。放浪癖を持病に持ちながら、ちょい悪オヤジの雰囲気を醸し出しながら、それでも少 年の心意気を持ちながら、有田さんは今日も何かを探している。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20070915.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.