移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2007年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2007/12/26)
Vol.089 「見よう見まねで極めた大工道」 有田 稔さん

Vol.089 「見よう見まねで極めた大工道」 有田 稔さん (2007/12/26) 放送: 2007年12月8日(土)ブラジル時間 10:03 ~ 12:04 (1:59) 日本時間 21:03 ~ 23:04 (1:59)、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間09分45秒 です。
出演: 有田 稔(高知県出身)、松本浩治(レギュラーゲスト)、大久保純子、高橋晃一(協力)

2人目の有田さん(1人目はVol.084 「街角の雰囲気を求めて」の有田清さん)であり、2人目の稔さん(1人目はVol.013 「親父と共にブラジル大工道」の柴田稔さん)。
たまたま苗字と姓名が一緒なだけだが、ややこしいので断っておく。
今回、ゲストの有田稔さんは南米産業開発青年隊(※注1)の四国ブロック第1回生として渡伯。放送内では聴きはぐったのだが、「青年隊」という記念誌に有田さんが寄稿している文がある。そこに「私が切った木のなかで1番デッカイ奴はペローバだった。切り口が1m60cm。丸一日かかってやっと倒した。夕方になって倒し終えたとき、思わず喝采を叫んだ。(中略)切り株の上に寝てみたところ、直径が私の身長と同じだった」と記している。
この話を放送後にナマで聞いた。だからこそ、有田さんは「植林をしたいんだ」と訴えた。
原始林と闘い、実際に大木を切り倒した人間の吐露は、きれいごとではすまされない真実味と願いがある。
有田さんは研修終了後も四国組の仲間と研修所に残り、パラナの土地を開拓。ところが、1963年のパラナの大霜でカフェを断念。その後、独立して作ったマッシュルーム作りに失敗。保証人での借金後、保険の営業マン、ボビエルエンジニアリング(後にボビエル協和)という会社での電気工事など、さまざまな職をこなし、現在は設計、土木建築、何でもござれで、家を建てることから、電気関係、井戸掘りまでブラジル人労働者を使いながら、現場で何でもこなす。
サンパウロの日本ブラジル文化福祉協会が以前、8階、9階部分を増築し、移民史料館を作ったのだが、その開館式に日本から皇太子が来られたが電力不足でエレベーターが動かないというのを、急遽、高圧にして乗り切ったのも有田さんの会社の力だった。
有田さんは、1940年生まれの67歳だが、今も現役でスコップを握る。土木建築関係の人はお酒を飲むイメージがあるが、有田さんは下戸でお酒も飲まない。スコップを片手に難しい本を読んでいる姿は本当にカッコいい。


(※注1)南米産業開発青年隊
1950年、当時の建設省(現・国土交通省)が農家の次男三男対策として、土木建設の技術を持った青年をブラジルへ移住させる構想を発表。日本各地の地方建設局を8ブロックに分け、各地の建設局内で働きながら1年間、測量やトラクターの運転、土木、機械の技術を習得後、ブラジルへ移住。この制度で326人の青年が海を渡った。
参考に「青年隊 1956-1996 南米産業開発青年隊40年史」がある。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20071208.mp3


前のページへ / 上へ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.