移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2008年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2008/12/31)
Vol.096 「技術と心をブラジルに」 木村英雄さん

Vol.096 「技術と心をブラジルに」 木村英雄さん (2008/05/23) 放送: 2008年4月19日(土)ブラジル時間 10:05 ~ 12:27 (2:22) 日本時間 22:05 ~ 00:27 (2:22)、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間24分24秒です。
出演:木村英雄(ゲスト)、松本浩治(レギュラーゲスト)、大久保純子、高橋晃一(協力)

公害対策設備の設計エンジニアとしてブラジル企業で働く木村さんは、福岡県出身の66歳。ブラジル生活10年目の今年、日本に帰国する。地元の車 両工場でのバスの設計から始まり、大手鉄鋼企業関連会社でのプラント設計、そして現在の仕事と、設計一筋の人生だ。
海外の大型プロジェクトにも責任者として携わった。上海宝山製鉄所、そしてウジミナス製鉄所。「現地に行って、いろいろな人の生の声を聞きながら仕事するのが好き」と机上とは違う快感、さらに海外に出て知る「日本の良さ」を実感した。
転機が訪れたのは10年前。ブラジルでの実績を買われ、勤めていた会社を早期退職、身一つで飛び込んできた。56歳の決断だった。
「ブラジルは評価してくれる国」。自分の持っている技術をブラジル社会にいかんなく発揮した木村さん。そして、仕事や生活の中で見えてきた日本人移民の貢献。「先人の築いた信頼があったからブラジル人が協力してくれた」。
ブラジル生活は新鮮で驚きの連続。その思いをNHK短波ラジオに乗せて世界中に発信した。伝えることで「視点を変えて見る」ことを学んだ。
日本に帰国した後、コンサルタントとして自宅から指示を出し、3カ月に1度来伯するライフスタイルに変わる。やりたいことはたくさんある。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20080419.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.