移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2008年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2008/12/31)
Vol.099「3度目の出演。待っていました!井上祐見」 井上祐見さん&中嶋年張さん

Vol.099「3度目の出演。待っていました!井上祐見」 井上祐見さん&中嶋年張さん (2008/07/11) 放送:2008年7月5日(土)ブラジル時間10:07~12:12(2:04)、日本時間 22:07~00:12(2:04)、ダウンロードは1時間25分08秒です。
出演:井上祐見(ゲスト)、中嶋年張(ゲスト)、松本浩治(レギュラーゲスト)、大久保純子、高橋晃一(協力)


 初のブラジル日和3回目のゲスト出演となった井上祐見ちゃんと中嶋さん。今年は100周年を記念して「オブリガーダ 笠戸丸」という新曲を作って来てくれた。南米公演に来られるようになって、ちょうど10年。「祐見ちゃん」というよりは「祐見さん」とお呼びした方がいいのではないかと思うほど、大人っぽくなられた祐見さん。でも、相変わらず偉ぶらない、初心を忘れない姿は愛らしい。
 ラジオ当日、大忙しのスケジュールだったようで、前日は「ろくに寝る間もなかった」という。次の予定も詰まっていて、大荷物でのご登場。日本におられる時からのお約束とはいえ、疲れきった顔で来られたマネージャーの中嶋さんの顔を見ると、ラジオ出演を無理させたようで、申し訳なくすら思ってしまった。昼食も無しで次へ向かう姿は痛ましいほど。
 それにもかかわらず、去年、約束してくれたオルゴールも忘れずにちゃんと用意し、ボロボロのマイクの前で、生で歌って下さった。本当に律儀なお二人である。その律儀さは、翌日のサンパウロ文化協会での「南米公演10周年記念ショー」でも垣間見ることが出来た。最初の公演でお世話になり、すでに亡くなられた方々に感謝の気持ちを込めた手紙を読まれたのだ。
 そして、今年2008年は100周年のためか何かと多くの芸能人の方が来て下さっている。だが、100周年はあくまでも通過点で、来年もまた来たいと仰ってくれた祐見ちゃんの姿勢に改めて感謝の気持ちが湧き上がった。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20080705.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.