移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2008年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2008/12/31)
Vol.102「79歳からの民謡人生」 東海林貢さん

Vol.102「79歳からの民謡人生」 東海林貢さん (2008/08/19) 放送: 2008年8月9日(土)ブラジル時間 10:08 ~ 12:25 (2:16) 日本時間 22:08 ~ 00:25 (2:16)、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間40分45秒です。
出演:東海林貢(91歳、宮城県出身)、加賀山仁(河北新報・記者)、大久保純子、高橋晃一(協力)


「民謡をひとつ謡って下さい」突然のお願いに快く「黒田節」を謡ってくれた東海林さん。しかし、民謡やゲートボール、書道、絵画など趣味を始めたのは79歳から。それまでの人生は日曜日の午後以外は働き尽くめだったという人生だ。
14歳で親に連れて来られてから、長年、農業を営み、サンパウロ市へ出てきてからはあちこちの青空市場でトマト専門の出店を開いてきた。
当時の王道とも言える移民の道のりである。
そして今、ようやく79歳で引退。趣味に生きる91歳だ。足腰も元気で3階(日本式4階)まで、階段で上がってしまう健脚ぶり。末永く現在の楽しい時が続くことを願ってやまない。

 東海林さんは2014年4月に他界なされました。衷心より御冥福をお祈りいたします。なお、2016年現在も我が家には東海林さんの描かれた優しい子どもたちの風景が飾られております。ありがとうございました。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20080809.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.