移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2008年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2008/12/31)
Vol.103「勝ち組『決行員』の記録」 山下博美さん

Vol.103「勝ち組『決行員』の記録」 山下博美さん (2008/09/17) 放送:2008年8月16日(土)ブラジル時間 10:00 ~ 12:22 (2:22) 日本時間 22:00 ~ 00:22 (2:22)、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間28分29秒です。
出演: 山下博美(82歳、三重県出身)、松本 浩治(レギュラーゲスト)、大久保純子、高橋晃一(協力)

 山下さんは2010年10月10日に他界なされました。貴重なお話を聞けたことをありがたく思います。衷心よりご冥福をお祈り致します。

 戦後の勝ち負け抗争に揺れたブラジル日系社会。自ら「決行員」と称して皇国崇拝の気持ちから、敗戦を唱えた「認識派」射殺事件に関与した山下博美さん(83、三重県出身)は、「日本人としての思いから発したもの。今も後悔はしていませんよ」と語る。
 実行後、警察に自首し、DOPS(社会政治保安部)の取り調べを受けたあと、ウバツーバ沖のアンシェッタ島へと護送された経験を持つ。
15年間の留置所生活では、病理検査の仕事をさせられることに。
出所後は世間の冷たい風にさらされながらも、留置所で得た技術を生かして臨床病理検査師として働いてきた。
 勝ち負け抗争当時の様子を伝える貴重な記録とも言える。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20080816.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.