移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2008年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2008/12/31)
Vol.107 「じっとしているのが嫌いで…」 加藤節子さん

Vol.107 「じっとしているのが嫌いで…」 加藤節子さん (2008/11/18) 放送: 2008年11月01日(土)ブラジル時間 10:00 ~ 13:33(3:33) 日本時間 22:00 ~ 01:33 (3:33)、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間27分24秒です。
出演: 加藤 節子(ゲスト)、松本浩治(レギュラーゲスト)、大久保純子、高橋晃一(協力)

小柄でとても可愛らしい加藤さんは宮城県のご出身。
「じっとしているのが嫌いなんです」とケラケラと笑う加藤さんだが、その人生は働き尽くめ。ご長男さんが出産のトラブルで軽い障害を持ったことがある意味、加藤さんを支えているのかも知れない。
ご主人が某電機メーカーで働いており、そこでの尊敬する上司がブラジルへ移民したことをきっかけに一家3人で上司を追うように移住。だが、その後は靴下工場を共同経営したり、バール(軽食屋)を開いたり、日本食レストランで手伝ったり。
ご主人も単身、日本へ働きに行き、現在はコスタリカで事業を興している。その留守宅を守る節子さんは40歳代でJICA(国際協力機構)で事務職を得るまで、子供たちに自身で食事を作って上げられないほど多忙な日々に追われた。
JICAを定年退職後も仕事を続ける日々。日曜すら長男の施設や次男の野球チームのボランティア、さらには宮城県人会での奉仕活動などで、今も休む暇もない。それにもかかわらず、「ブラジルと働く事が大好き」と声高らかに笑う。
とかく仕事とは辛くて、嫌なものと思い込みがちな考えにガツンと笑顔で打ちのめされた。そんな加藤さんの人生をぜひ聞いて欲しい。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20081101.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.