移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2009年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2010/01/18)
Vol.112 「故・脇山甚作氏のお孫さんを迎えて」 佐藤脇山レイ子さん、脇山パウロさん、加藤美代子さん

Vol.112 「故・脇山甚作氏のお孫さんを迎えて」 佐藤脇山レイ子さん、脇山パウロさん、加藤美代子さん (2009/02/09) 放送: 2009年1月16日(金)ブラジル時間 11:06 ~ 13: 01 (1:55) 日本時間 22:06~00:01 (2:08)、ダウンロードはゲストコーナのみの55分22秒です。
出演:佐藤脇山レイ子さん(76)、脇山パウロさん(72)、加藤美代子さん(66、いずれも日系二世)、松本浩治(レギュラーゲスト)、大久保純子、高橋晃一(協力)

 1946年6月2日、元陸軍大佐だった脇山甚作氏は、戦後の「勝ち負け抗争」で「勝ち組決行員」の被弾に倒れた。
 45年10月に日本の外務省がスイスを経由して英文で打電した「終戦の詔勅」が日系社会に送付。情報が錯綜する中で「敗戦」の事実を伝え、混乱を鎮めようとした。その際、当時の日系社会の指導者たち七人の署名をもとに「終戦事情伝達趣意書」が作られ、その7人の中に脇山氏の名前もあった。
 しかし、「詔勅が英語で伝えられるはずがない」と、逆に「勝ち組」から命を狙われることになった。
 今回、脇山氏の遺族で孫にあたる姉兄妹3人に当時の事件などについて話を聞くことができた。サンパウロ市の自宅で、「決行員」とやりとりをした生々しい記憶により、その当時の様子を甦らせた日系社会の歴史的証言。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20090116.mp3


上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.