移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2009年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2010/01/18)
Vol.114 「現代のターザン、早崎さんが今日も行く」早崎功さん

Vol.114 「現代のターザン、早崎さんが今日も行く」早崎功さん (2009/03/31) 放送: 2009年2月21日(水)ブラジル時間 10:10 ~ 12:29 (2:19) 日本時間 22:10~00:29 (2:19)、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間23分59秒です。
出演:早崎功(63、熊本県出身)、松本浩治(レギュラーゲスト)、大久保純子

 少年時代にアマゾン地域であるベレン近郊グァマ移住地に入植し、趣味と実益を兼ねて原始林の中で猟生活をしていた経験を持つ早崎功さん。
 90年代初頭から日本に出稼ぎに行き、今は2年に1度ブラジルに戻る生活を繰り返しているが、若き日にジャングルで得た「野生の勘」が、年齢を感じさせない行動の源となっている。
 夜、射撃の練習をする時は、25メートルほど離れたところに砂山を築き、その根元に灯したロウソクを立てて、火を目印にして銃で消していたという。また、20歳前後の頃には、ブラジル人労働者との諍(いさか)いが原因で、後ろを向いて座っていた時に背後から山刀で切り付けられたことがあったが、殺気を感じ取り、間一髪で身をかわしたなどのエピソードを持つ。
 日本での生活も徹底し、出稼ぎ生活は20年近くになるが、遅刻はおろか会社を一度も休んだことは無い。大怪我をした翌日も出社するなど、超人的な精神力を貫き通す「現代のターザン」早崎さんの魅力に迫る。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20090221.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.