移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2009年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2010/01/18)
Vol.116 「丹下セツ子女剣劇士ブラジルへ渡る」 丹下セツ子さん

Vol.116 「丹下セツ子女剣劇士ブラジルへ渡る」 丹下セツ子さん (2009/05/28) 放送: 2009年5月26日(水)ブラジル時間 02:17~04:44 (2:26) 日本時間 27日(木)02:17~04:44 (2:26)、ダウンロードはゲストコーナのみの2時間00分07秒です。
出演:丹下セツ子(69)、松本浩治(レギュラーゲスト)、大久保純子

 満を持しての丹下セツ子さんの登場である。丹下さんは初期の紅白歌合戦の赤組司会者もした歌手で女優の丹下キヨ子さんの長女であり、小山セリナさんのお姉さんでもある。
 そんな丹下さんがブラジルへ来られたのは、お母様のキヨ子さんが呼んだため。「私は外国なんて興味なかったんだけれどね。当時、自分の一座を作りたくてね。ブラジルへ来たら、その立ち上げ資金100万円を母が出すって言うから来たのよ」と笑う。
 子供の頃には、将来の夢を先生に聞かれて「女やくざ」と答え、立たされたというだけあって、話をしていてもキップがよくて気持がいい。その後、女剣劇士になりたくて、不二洋子さんにも師事したが、24歳でブラジルへ来て、母親等と奥地の日本人に芝居や踊りを見せる旅をした。当時、ブラジルに日本髪のカツラなどなかった時代、移民たちはトウモロコシや馬の毛でカツラを手作りして芝居をしていた。「それを見ただけでも感動したね」と丹下さん。結局、母親の帰国後もブラジルに残り、渡伯10年目には丹下セツ子一座を組み、さらに地方巡業を重ねた。「移民のお婆ちゃんたちが涙を流して見てくれるとね、『よし、ブラジル全土を回ってから帰るぞ』って思ったんだよ。そうしたら、ブラジルは広いんだもんね」と45年間の滞在を説明する。
 その他にもたくさんの秘話を忌憚なく語ってくれた。丹下さんのコロニアに対する、芸に対する熱い思いがあふれる元気のでる必聴の1本だ。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20090526.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.