移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2010年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2010/12/30)
Vol.128 「テロリストの息子は文化人」 本多文男さん

Vol.128 「テロリストの息子は文化人」 本多文男さん (2010/05/18) 放送:2010年5月7日(金)ブラジル時間 11:17:~14:11(2:54) 日本時間 23:17:~02:11(2:54) 、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間23分59秒です。
出演:本多文男(71歳、茨城県常陸太田出身)、大久保純子、生放送では石崎矩之、細川多美子、砂古純子

「テロリストの息子なんじゃ」。衝撃的な台詞が自己紹介の第一声だった。話を聞くと、本多さんのお父さんは橘孝三郎の水戸愛郷塾の塾生で、5.15事件に関わったとの事。東京裁判にかかった大川周明氏をかくまった話など、貴重な話がポロポロと出てくる。
 そんな本多さんは次男のため、開拓移民としての農業移民を目指す。20歳でコチア青年としてブラジルへ渡り、持ち前の器用さでラーモス移住地の造成当初から参加。八角堂という立派な建物があるのだが、その入り口や門に掛かる「大和心」の書は本多さんによるもの。
 書の達筆さにも驚いたが、生け花もたしなむ本多さん。移住地で最初に出会った時、バケツに花を持ってウロウロしていた。どこからどう見ても普通の農家のおじさんで、奥さんが生けるための花を運んでいるのかと思いつつ冗談で「まさか、おじさんが生けるんじゃないですよね?」と言ったら、そのまさかだった。そんな強烈な出会いだったが、話を聞けば聞くほど味が出て、何事も正直で素直に語ってくれた。「ラジオをやっていて、本当に良かった」と思えるインタビューだった。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20100507.mp3

 2017年8月7日から10日にかけて、ラーモス移住地を再々度、訪問した。7日夜、同移住地の八角堂で日本から来られた歌手の井上祐見さんらの歓迎会が行われた。その前の方の席で、ラーモス特製の梨のお酒を片手に楽しげに飲んでいる移住地のおじ様たちのテーブルがあった。
そこには懐かしい、いたずらっ子のような笑顔で微笑む本多さんの姿があった。
お酒と共に「小川和己さんも亡くなり、今、ワシが話しておかなければ、移住地が出来た最初の話が埋もれてしまうだろう」と言って、語ってくれたラーモス移住地が出来る秘話を語ってくれた。多くの人が賑わう中での収録だったので、お聞き苦しい点はあるが、戦前移住者・平田さん、州政府、日本国領事館、それぞれの思惑や願いがあった貴重なお話である。
http://brasil-ya.com/radio/20170807.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.