移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2010年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2010/12/30)
Vol.136「サンパウロで坊主る」 泉原秀さん

Vol.136「サンパウロで坊主る」 泉原秀さん (2010/12/14) 放送:2010年12月9日(木)ブラジル時間 10:31~12:55(2:24) 日本時間21:31~23:55(2:24) 、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間29分38秒です。
出演:泉原 秀(いずはら しゅう)、細川多美子、砂古純子、大久保純子

 お坊さんがこんなに面白いなんて…と、思わず笑っちゃうぐらいの親しみやすさ。泉原さんは東本願寺の開教師として2007年にブラジルへ来られた本物のお坊さんだ。
 だが、スタジオへ現れた時の姿は、袈裟に丸坊主というお坊さんのイメージではなく、髪の毛も普通に長く、Tシャツ姿でラフな感じ。言われなければ、いや、言われてもお坊さんとは思えないような若々しい雰囲気だ。
話しは終始控えめで笑いを誘う。43歳になる今までの人生を正直に語って下さった。
 秀さんのご実家は広島で何代も続いている寺の家系。だが、次男のために養子に入るか役僧になるかが一般的な道らしい。秀さんはブラジルへ来るまでの11年間を石川県の小松で役僧として過ごされた。そして開教師の試験を受けてブラジルへ。泉原さんの人生を通して、少しだけ仏門の雰囲気や入門の方法などが見えてくる。
 途中、携帯電話が鳴ったり、テーブルが壊れたりなどのハプニングを迎え、終盤にはいきなりお経を生で唱えてもらったり。でも、お経はいいもんだなぁ~と思ってしまう。とにかくあっという間の1時間半。ぜひ、皆さんお楽しみ下さい。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20101209.mp3

泉原秀のブログ「新・坊主日記」もどうぞ!
http://ameblo.jp/ishui/

南米本願寺ブラジル別院(東本願寺)
http://www.nambei-honganji.com/


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.