移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2011年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2012/01/09)
Vol.143「日本に渡った駐在ブラジレイラ」大田サンドラさん、出見愛子さん

Vol.143「日本に渡った駐在ブラジレイラ」大田サンドラさん、出見愛子さん (2011/07/04) 放送:2011年6月27日(月)ブラジル時間 15:42~17:19(1:37) 日本時間28日(火)03:42~05:19(1:37)、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間24分57秒です。
出演:大田サンドラ、出見愛子、細川多美子、砂古純子、大久保純子

 今回はちょっと嗜好を変えて、日本に住むブラジル女性が登場してくれた。一人は大田サンドラさん。彼女はイタリア系ブラジル人。日本語も日本文化もまったく知らず、愛した夫を頼りに日本に在住18年。今や3児の母である。同じく出見愛子さんもブラジル生まれのブラジレイラ。ただ、彼女は日系でグァタパラ移住地という日本文化も日本語もある環境に育ってはいる。2人共偶然にもご主人の会社は同じ。だが、サンパウロに転勤になるまで日本では東京と北九州にお住まいでお互いは知らなかったという。
 サンドラさんは明るく陽気でPTA会長までやってしまうバイタリティ溢れるお母さんだ。だが、その蔭には長男の太郎君がいじめに遭ったために心配で、自分が学校へ行けるためにPTAの役員になったという。そして、いじめていた子の母親が土曜日も仕事で子供が寂しくていじめをしていたのだと分かり、その時の大変な思いを語った時、思わず涙がこぼれ一同もらい泣きしてしまった。
 自分が生まれた国ではない所に住むということ。そこで子供を産み、生活するという事。そんなことをしみじみと感じさせてくれたお話だった。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20110627.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.