移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2013年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2014/02/23)
Vol.160「パラグアイから第二弾、イグアス移住地の校長先生」佃 弥生さん

Vol.160「パラグアイから第二弾、イグアス移住地の校長先生」佃 弥生さん (2013/05/20) 放送:2013年4月24日(水)ブラジル時間 11:30~13:36(2:06) 日本時間 23:30~01:36(2:06)、ダウンロードはゲストコーナのみの1時間7分5秒です。
出演:佃 弥生(つくだ・やよい、61歳、高知県出身)、細川多美子、砂古純子、大久保純子

 パラグアイからの第二弾である。これは2013年2月15日から17日にかけて、大久保がイグアス移住地を訪問した際にお話を収録させて頂いたパラグアイへ移住された方の貴重なお話である。
 パラグアイへの移住はブラジルよりも28年後発で戦後移住者が多いことから、ブラジルではもう聞くことができない1世移民の開拓当初の話などを直にお伺いすることができる。
 佃さんも61歳というまだまだお若い現役世代ながら、10歳で移住したというバリバリの1世である。高知での炭焼き小屋での記憶から船の中、そして移住当初の話などをお話して下さった。現在はイグアス移住地の日本語学校で校長先生をなさっていらっしゃる。
 突然のインタビューで戸惑うことも多かったと思うが、最後に人生を振り返って下さった言葉には、弥生さんの今現在の思いが現れているかのような気がする。まだまだパラグアイを分かっていないインタビュアーの質問にできる限りお応えくださった佃さんの誠意に心から感謝申し上げたい。
 なお、途中に挿入されている歌は井上祐見さんの「♪桜の国」である。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20130424.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.