移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2013年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2014/02/23)
Vol.168 「遺伝子組み換えでもユニークなブラジル」 印鑰智哉さん

Vol.168 「遺伝子組み換えでもユニークなブラジル」 印鑰智哉さん (2013/11/19) 放送:2013年10月16日(水)ブラジル時間 10:30~13:16(2:46) 日本時間 22:30~01:16(2:46)、ダウンロードはゲスコーナのみの1時間47分48秒です。
出演:印鑰智哉(いんやく・ともや)さん、松本浩治、細川多美子、砂古純子、大久保純子


 印鑰さんは東京大学卒業後、NGOで働き、その仕事で1991年から94年まで3年半ブラジルに滞在。その後、なかなか渡伯することができなかったが、2012年のリオ+20で久しぶりに来伯。
 今年、2013年になってからはブラジルのアグロエコロジー(自然と共生する農業)を学ぶために数度の来伯。その合間を縫ってお話を伺う事が出来た。
 今回はサンパウロ州ボツカツ市でのアグロエコロジー国際会議に出席するため。今ブラジルでは、EMBRAPA(ブラジル農牧調査研究公社)とABRANGE(非遺伝子組み換え種子ブラジル生産者協会)がパートナーとなって『Soja Livre(自由な大豆)』という非遺伝子組み換え大豆の種子を農家に供給するプロジェクトがあり、ヨーロッパから注目を浴びている。
 「種の多様性がなくなると、人類の将来が危うい。遺伝子組み換え作物の危険性を知ってほしい」。最後に「ABRANGEの種さえ普及し、これを作ってくれる人が増えて、遺伝子組み換え種子がなくなれば、僕の話なんていいんです」と語った印鑰さん。そんな印鑰さんの熱い思いがとても分かりやすく、穏やかな口調で語られている。
 放射能、蜂、農薬、アマゾンと話はドンドン広がってしまったが、日本のマスコミでは報道されない貴重な話がこの一番下をクリックすることで、誰でも無料で聞くことができる。ぜひ、余すことなく聞いて欲しい。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20131016.mp3

ABRANGEについての問い合わせは、ウェブサイト
http://www.abrange.org/
印鑰智哉さんのブログ Tomo’s Blog
http://blog.rederio.jp/about
ニュース・スパイラル
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/01/post_722.html
日刊ベリタ
http://www.nikkanberita.com/index.cgi?cat=writer&id=201012281117352


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.