移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
ブラジル日和
     2015年ゲスト・アーカイブ  (最終更新日 : 2016/02/07)
Vol.183「神と共に82年」松酒紀美子さん

Vol.183「神と共に82年」松酒紀美子さん (2015/05/11) 放送:2015年4月28日(火)ブラジル時間 12:04~14:03(1:59) 日本時間29日(火)00:04~02:03(1:59)、ダウンロードはゲスコーナのみの1時間29分27秒です。
出演:松酒紀(喜)美子さん(82、岡山県出身)、細川多美子、砂古純子、大久保純子


松酒さんは今年82歳になられるが、日々、詩吟、茶道、華道、書道、体操(練功)、絵手紙、婦人之友の会と様々な活動をされて大忙し。
松酒さんは昭和7年、岡山で生まれた。12歳の時に先生が「日本は戦争で勝っており、東南アジアに進出しており、これからは日本語教師が足りなくなるから、日本語教師になりましょう」と言われて、自分は日本語教師になろうと思ったそうだ。奇しくも、それはブラジルで叶うこととなる。
ご両親は岡山で農業を営んでいたというが、お坊さんの勧めでノートルダム清心学園へ進学。学費のかからない看護科を選び、看護師の免許を取り、学校の養護教員として、予防医学に情熱を燃やす。
学生時代はカトリックに真剣にはならなかったが、看護科で学ぶ中で、人の生死を間近に見て、洗礼を受けた。
結婚の条件は「神を信じている人」という事で、両親の勧めてくれた人はイギリス聖公会の人。だが、「神は一つですよ」との言葉で知り合って1か月で結婚。9か月後にはご主人の希望するブラジルへの船に乗っていた。1960年(昭和35年)9月のことである。
船の上ですでに懐妊中。1年前の結婚式の日にブラジルで長男を出産。
渡伯してからはご主人は自動車の修理工を1年した後、当時、ブラジルの日系社会で流行り出した養鶏の器具を作る会社を設立。10年は帰れないと思っていた日本へも7年後には一時帰国もできるほど順調だった。
最愛の夫は1997年に70歳で他界されたが、6人のお子さんを育て、日々活発に過ごし、「ブラジルへ来て良かった」と明るく話す紀美子さん。
空き巣に入られても「みそがれた」と言い切れる潔さに何か心洗われ、襟を正されたような気がした。

それでは、以下のリンクをクリックしてお聴きください。
http://brasil-ya.com/radio/20150428.mp3


前のページへ / 上へ / 次のページへ

BB企画 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 BB企画. All rights reserved.