移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
熟年クラブ連合会
     事務局だより  (最終更新日 : 2018/12/14)
2006年2月号

2006年2月号 (2006/02/10) ○トピックス

第25回定期総会で一部役員交代

 老ク連第二十五回定期総会は、一月三十一日各クラブ代表者五十一名の参加で、サロンにおいて開催された。山本副会長病欠のため、内海博副会長の司会で出席者確認、黙祷、老人クラブの歌斉唱の後、新宅俊一会計士のポ語による総会招集礼状が読み上げられ、、重岡康人会長に推薦された、五十嵐司副会長が議長となって始められた。
 先ず議長から本日の書記が前記新宅氏と日語松平和也書記理事に任命され、松平書記より昨年度の二十九項目四枚にわたる事業報告が発表された。それによると、最大行事の創立三十周年祭の三日間の行事を無事済ませ、外部の大会場で催す三大行事や、会館内での幾つかの大きいものも例年通りに催した。サロンで行った教養教室の参加者は、昨年より川柳教室が減ったにもかかわらず、大幅な増加となって皆を驚かせた。中でも一番大きい増加はコーラスの六十%、そして指導者をなくして男性役員が滅私奉公しているカラオケダンス愛好会、男性参加者も多い書道教室、いつも盛んなカラオケ教室などが増えている。それに反して文協シネマの影響で、同日開催の民謡教室や名画鑑賞会などは参加者が減り加減となっている。
 続いて戸田房子会計理事による決算報告では、三九万五千レアイスの支出に対して、三六万の収入となり不足分は預金利子を当てたが、これは三十周年祭の費用であり、皆の協力でこのくらいの出費で済んだことが報告された。次の上原事務局長による医療保険(PLASAC)の収支では、始まってまもなく新規入会は止まった為現在の入会者五三八名、銀行関係や人件費を差し引いて消耗の激しい機材を買う位は残っていると報告された。ここで小坂誠監査委員長から「定款に従い何ら問題なきことを証明する」という意見書が提出され、二・三の質疑応答の末全員の拍手をもって昨年度分が採決された。
 続いて今年度の事業計画とそれに伴う予算案が発表された。三十周年の記念誌を製作すること、研修・交流旅行はパラナに行くこと、高齢で領事館に出向くことの困難な会員のために、日本人としての届出の手伝いをすること、幼児に日本人の心を教える計画を実現させること、などが恒例の沢山の行事のほかに新しく組み込まれることになった。それに対する予算案は三二万五千五百レアイス。昨年より記念祭の分だけ減らしている。相変らず自助互助の会であるため益々無駄を省き、会員のための老ク連であるよう努力が求められている。
 これも採決され、一寸した一般提案があり、今期役員選出となって、議事は選挙管理委員会に移った。杉本正委員長から、期限までに提出された理事会役員のシャッパ一通が読み上げられ、全員の賛成を得て第三期重岡執行部が決定した。また正監査役は未提出だったため、会場で顧問相談役にまかされ、相談の結果以下のように発表され、承認された。そこで全員の就任挨拶があり、内海司会による閉会の辞によって今年の定期総会は何事もなく終了した。
 参加者一同昼食で歓談した後は、短時間でも見応えのある、名俳優が大勢出演する映画「武蔵と小次郎の巌流島決闘名場面特集」を鑑賞して解散となった。

―――― 2006年~07年 老ク連執行部 ――――
会長重岡康人留任三期目 サウーデ文協老壮部部長
第一副会長五十嵐司第三副会長より昇格 名画なつメロ倶楽部会長
第二副会長内海博留任 サンパウロ中央老壮会会長
第三副会長小坂誠監査委員長より移動 イタケーラ寿会会長
第一書記理事松平和也留任 名画なつメロ倶楽部代表
第二書記理事纐纈蹟二
(こうけつ・せきじ)
新任 サンパウロ中央老壮会代表 民謡教室・書道教室指導助手
第一会計理事戸田房子留任 プラッサ・ダ・アルボレ老壮会副会長
第二会計理事内山卓人留任 サンパウロ鶴亀会副会長
文化体育担当理事玉井須美子留任 サンパウロ鶴亀会副会長
管理理事山口勝留任 ビラ・ソニア老壮クラブ副会長
援護理事田村福八留任 サント・アマーロあおぞら会副会長
正監査役丸山茂元監査役 インダイアツーバ親和会会長
正監査役西丸俊子留任 モジ・ダス・クルーゼス中央日会老人部代表
正監査役古賀正倫留任 サント・アンドレ白寿会会長
補監査役玉田伯夫留任 アルジャ親和会副会長
補監査役佐藤寅吉新任 ビラ・マリア鶴寿会会長
補監査役永山豊恵新任 ジュンジアイ睦会副会長



○2月の行事

   
   ※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※9時半
練功体操教室
※12時
カラオケダンス愛好会
 ※12時15分
なつメロ合唱の会
1011
 ※12時
盆踊り教室
※9時半
コーラス教室
※12時半
カラオケ教室
※7時~17時
指圧・灸 森山先生
※10時
健康体操教室
※9時半
練功体操教室
※12時
カラオケダンス愛好会
※1時
書道教室
※12時15分
名画鑑賞会
12131415161718
 ※12時
盆踊り教室
※9時半
コーラス教室
※12時半
カラオケ教室
※7時~17時
指圧・灸 森山先生
※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※9時半
練功体操教室
※12時
カラオケダンス愛好会
  
19202122232425
 ※12時
盆踊り教室
※9時半
コーラス教室
※12時半
カラオケ教室
※7時~17時
指圧・灸 森山先生
※10時
健康体操教室
※9時半
練功体操教室
※12時
カラオケダンス愛好会
※1時
書道教室
※12時15分
名画鑑賞会
262728    
       



○名画友の会

2月11日(土) 第118回鑑賞会 邦洋画2本立て
(1)「洲崎パラダイス赤信号」 1965年(昭31)作品 黒白1時間21分
監督: 川島雄三
出演: 新珠三千代、三橋達也、轟夕起子、河津清三郎、芦川いづみ
(2)「夏の嵐」 1954年(昭29)作品 カラー1時間59分
監督: ルキノ・ヴィスコンティ
出演: アリダ・ヴァリ、ファリー・グレンジャー

2月25日(土) 第119回鑑賞会 邦画月木下恵介監督特集
(1)「遠い雲」 1955年(昭和30)作品 黒白1時間39分
監督: 木下恵介
出演: 高峰秀子、佐田啓二、井川邦子
(2)「風花」 1959年(昭和34)作品 カラー1時間18分
監督: 木下恵介
出演: 岸恵子、久我美子、有馬稲子、川津祐介、笠智衆



○各教室参加者 (12月21日-1月20日)

コーラス教室2回34名民謡教室2回38名
踊り教室2回31名俳句教室1回10名
カラオケ教室2回42名カラオケ・ダンス愛好会2回74名
健康体操教室2回52名名画友の会1回41名
練功体操教室1回22名なつメロ合唱の会1回24名
書道教室1回34名マッサージ・灸3回52名
絵画教室0回0名



○寄贈・寄付 12月21日-1月20日(敬称略)

・書籍類戸塚マリ12冊、落合とも子6冊、星井文子6冊、玉井邦子3冊、金藤泰子8冊
・現金名取賜子R$50
・その他紙1包矢野京子、コーヒー2包池田恭子、コーヒー2包高橋富士子、コーヒー1包猪野ミツエ、砂糖2包菊地ツル子、お茶2包畠山照江、ビデオテープ5本玉井須美子、おむつ10枚武田ルイ



○行事報告 12月21日-1月20日

12月21日30年記念誌編集会議 杉本・内海・五十嵐・松平・戸田
1月6日第20回理事会9名
老壮の友発送手伝い 内山2日
18日第21回理事会 9名
20日会計監査会 小坂・西丸・古賀・戸田
第12回代表者会議 36名
宇野シニア帰伯迎え 内山
※ 毎週木曜日カラオケダンス愛好会の手伝い=田村・山口・内山の各氏
※ 山本副会長見舞い=重岡・内海・五十嵐・内山・田村・玉井・戸田・山口・上原・金藤


前のページへ / 上へ / 次のページへ

熟年クラブ連合会 :  
Rua. Dr.Siqueira Campos, 134, Liberdade, S?o Paulo, Cep:01509-020, São Paulo, Brasil
Tel: 11-3209-5935, Fax: 11-3208-0981, E-mail: Click here
© Copyright 2019 熟年クラブ連合会. All rights reserved.