移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
熟年クラブ連合会
     事務局だより  (最終更新日 : 2019/02/15)
2007年7月号

2007年7月号 (2007/07/07) ○トピックス

次から次へ老ク行事Ⅱ

重岡会長に日本より勲章!
 去る五月三十日総領事公邸において、重岡康人当会会長に日本政府より「旭日単光章」が授与された。会長は五才で両親に連れられて移住され、モジアナ・ガルサなどを経て二十二歳の時に男子一生の身を立てたいと一人出聖され、艱難辛苦(大変な苦労)の末、社員二百名を使う家具の会社を経営するまでに成功したのである。正式な教育を受ける機会もない子供移民が、人に抜きん出て頭角を現すには、ご両親の並々ならぬ躾と本人の努力があったものと察しられる。家では男でも何でも出来なければこのブラジルでは生きていけないと、男子としての仕事の他に注射・料理・選択・アイロン掛け・ボタン付けから継ぎ物までの針仕事など何でもやらされたそうである。そしてその傍ら日本語の教育も家庭内で十分受けたらしく、八十二歳の現在コンピューターを使いこなし、会長としての話す、書くの挨拶はすべて自らの作である。また雇われた事も大勢を動かした事も経験済みなので、人の気持もよく解った上での会長職に、和やかな老ク連となっているのである。
 氏は地元サウーデ文化協会で会長を務めていた長い間、特に日本語や日本文化の子弟教育に力を入れたお陰で、今もサウーデ文協はマンガで日本歴史の本を出版するなど、非常に文化的な会として注目されている。この他山口県人会長・希望の家やこどものそのの理事など多くの役職で社会に貢献し、老ク連では副会長一期、会長三期の六年目である。その間いろいろと現在の老ク連に発展させてきたが、特に大きな貢献は医療保険の導入である。民間保険しかないこの国では、高齢者にとっては掛け金が非常に高額なために、苦労をして子弟教育をした移住者達も、わが身のことは言い出せずあきらめていた。そこで会長は、安い支払いですむ団体保険が使えるようにと、根気よく交渉して、ついに二〇〇三年に老ク連の加入が認められたのである。これは大きな人助けであり、今も加入希望者は跡を絶たない。こうした前向きさや鷹揚な性格が現れて、文協祝賀会での領事の挨拶でも「老人クラブの会長とも思えない若々しさだ」とお褒めの言葉を頂いたのである。
 受賞の言葉にもあるように、今後ますます社会のため老人クラブのためにご活躍されることを願ってやまない。

人生最高の喜び
老ク連会長 重岡康人
 この度の私の受勲につきましては、老人クラブ連合会他関係団体より身に余るご推薦を頂き、お蔭様で五月三十日日本国総領事公邸にて、西林総領事より「旭日単光章」を授章いたしました。浅学非才な私にこのような素晴らしい勲章が授与されまして、感涙に咽び衷心より厚く御礼申し上げます。
 この賞は私一人が頂いたものではなく、長年にわたり私と共にご尽力下さいました皆様と、そして雨の日も風の日も私を支えてくれた家内のものでもあります。
 同日夜文協貴賓室で、ペレイラ・バレットの田中俊雄氏と私の叙勲祝賀会が、日系三十七団体の共催で開催されまして、約百五十名の方が出席され、過分なる祝詞の数々を賜り感謝感激の極みでした。当夜はブフェー奄美の自慢の料理をご馳走になりながら、大勢の知人からお祝を受け楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
 また六月十五日の老ク連代表者会議の日には、約五十名の出席の元に祝賀会を催していただき、五十嵐副会長や原沢元援協会長を始め、沢山の方より身に余るお褒めの言葉を頂き、会場の皆様からも手を取り心からのお祝いの言葉を頂いて感無量でした。ここでも美味しいご馳走に舌鼓を打ちながら、和やかな談笑に満ちた楽しい半日を過ごし得ました。本当にありがとうございました。
 翌十六日は山口県人会の理事会に合わせて、受勲祝いをするという平中会長よりの電話を頂きお邪魔しました。こちらでも会長を始め数人より過分なる祝詞を頂き、また他の皆様からも心温まるお言葉を受け胸に迫るものを感じました。そしてご婦人方が心を込めて作られた美味しい料理で楽しい時を過ごさせていただきました。
 このように大勢の皆様より祝福を受けまして、私にとりましては生涯忘れる事のない最高の喜びとなりました。重ねて御礼申し上げます。
 これからも社会のためにお手伝いできる事がございましたら、健康の許す限り誠心誠意努めさせていただく所存でございますので、何卒ご指導ご鞭撻賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ありがとう、宇野先生
 第二代目JICAシニアボランテイアの宇野妙子先生は、二年前に着伯して当会に籍を置き、活動的に各老人クラブを回ってレクレーションの指導をされ、去る六月二十五日帰国された。あの可愛らしい笑顔がもうみられないのかと思うと大変淋しい気持になる。最後の一ヶ月程は提出する書類作りに追われながらも、まだ行くことのできなかったクラブに是非行きたいから、何とか連絡をとってくれと執拗に迫られ、数回の手紙や電話の末どうしても不可能だとなった時、本当に残念そうだった姿が忘れられない。また言葉も解らないのに何にでも興味を示し、日ポ取り混ぜて話しながら最後には買ってしまったり、作り方を教わってしまったり、ともかくお元気で皆に好かれたな宇野先生だった。ここに先生の皆さんへの最後の挨拶を掲載する。

「遊び心」を大切に!会員の皆様、いつまでもお元気で
シニアボランティア 宇野妙子
 はじめに重岡康人会長様の日本国からの旭日単光章受賞のお祝いを申し上げます。こんなに素晴らしい会長さんがおられることを誇りに思える「老ク連はすごい!」です。
 さて、長いと思っていた二年間の任期がまもなく終わろうとしています。 二年間を振り返ってみますと、二〇〇五年七月赴任してすぐに、日本まつりがありました。老ク連出店「おばあちゃんの味」におおぜいの人が集まったのを見て「老ク連はすごい!」(私は折り紙コーナー担当)
 またちょうどその時は老ク連創立三十周年の記念すべき年でもありました。日本や、外国からのお客様を迎えての数々のお祝い行事がおこなわれ「老ク連はすごい!」と思いました。
 「元気が出る、若返るレクリエーション」を目標にして、老人クラブ会員のみなさまとの出会いを楽しみに、巡回は百回を超えて活動をさせていただきました。
 言葉も地理も分からなかった私が、みなさまの支部を無事に巡回できましたのも、ホドビアリアや空港で必ず、出迎えて待っていてくださる役員の方々がいて下さったからでした。その節は会のみなさまお世話になりありがとうございました。
巡回のレク活動でゲームの後の会員さんのひとこと、「童心に返って楽しかったよ」その若々しい笑顔から「老いて老いを知らず」。笑うことは、健康度が高くなっていくのだと確信しました。
 皆様これからもお体を大切に、心は喜怒哀楽を十分に感じながら、生き生きと良い息で(楽しい時、嬉しい時の息)やりたいことをしつつ、いつまでもお元気で長生きされますようにとお祈りしております。
 日本よりも日本らしさを感じさせてくれたブラジル「老ク連はすごい!」日本(兵庫・西宮市)に帰ったら老ク連のみなさまの明るさ、お元気さなど二年間で学んだすべてを伝えたいと思います。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

大絶賛!響ファミリー公演
 六月二十七日当会サロンにおいて、日本から来伯中の「響ファミリー」のショーが行われた。いつもお世話になっている藤瀬圭子さんからお話のあった時は、一ケ月半の滞伯なので舞台と幕のある幾つかの老人クラブに紹介をということだったが、急に日本で公演が入ってしまい一週間だけとなり、それなら挨拶だけと言うのを無理にお願いして、老ク連のサロンでの公演となったのである。事前に出た新聞記事や文協の芸能祭で大評判になった事が影響して、観客数はドンドン増えそうになり、この狭い場所でどうやって踊って貰うか、又お客をどう裁くか心配ばかりとなった。日本の芝居小屋のように座れば大人数が入れるが、ブラジルでの生活も長くなれば座る習慣もない上、この会では足腰の悪い人も多いので無理だとなり、長い腰掛けを借りてきたりして、出来るだけ舞台の場所が広がるよう苦心した。
 響兄弟は五歳位から当会が年に四回文協で催す行事に度々出演して、その愛らしい姿でお年より達を慰めてくれたのだが、それが返って「恩返しをしたい」などと涙の出るような事を言って下さったのが今回に繋がったのである。下見にこられた座長の彬斗君と藤瀬さんは「何でもいいです。老ク連の出来る範囲に合わせて、私共で工夫しますから」といって下さり、座長の素顔の好青年ぶりに気持も前向きになる。当日は大人三人と子供三人の出演者に対して二十数名の関係者が来られ、会議室とサロンの隣のコジンニャが俄か作りの更衣室となったが、狭くて気の毒になる。観客は座ったり、腰掛けたり、立ったりの約百八十名で本当にぎっしりだった。
 先ずポスター(ある程度作り物では?と大方は思っていた)以上に、水も滴るという形容がぴったりの美しい女形になって彬斗さんが登場、女性以上になまめかしい姿と踊りに皆うっとり。直に触れるほどの近くに来て、その妖しげな目でジート見つめられると、誰もがドギマギして目をそらす様子が遠くから見え、クスクス笑い声が起こる。その姿と裏腹に太い掛け声や今風の激しい踊り、ヒョットコとおかめの面で一人二役の「麦畑」、三人揃ってのはかま姿のりりしさ、そして素晴らしい唄々に観客は全く魅了される。とにかく目の前で見るのと文協の舞台とは全然違う。白塗りの化粧も若さゆえか少しも苦にならず、ふっくらとした弟の一真君も、小さな顔が実に可愛らしい悠嘉さん共々ただ見ほれてしまう。
 二日にわたって開催されたコロニア芸能祭には出さず、老ク連のためにとっておいたという無言劇は、表情としぐさだけで物語が進むが、その真に迫る演技にみな驚いたり、ほっとしたり、涙を浮かべたり、悲惨な最期に溜息をついたりしてのめりこんだのである。失恋の悲しみから鬼と化す女性になったのは弟の一真君で、今まで兄の影に隠れて目立たなかったが、兄に匹敵するほどの素晴らしい演技だった。また甥や姪に当る可愛らしい三人が白虎隊を踊ったのを見ても、このファミリーの将来が益々頼もしくなる。こんな恩返しは本当に嬉しくありがたかった。
 本格的な凱旋公演となる来年は、出来るだけ多くの老人クラブの皆様が見られるよう、先に見たものとして出来るだけの骨は折りたいと思った。



○7月の行事

 ※10時
健康体操教室
※12時
盆踊り教室
※9時半
コーラス教室
※12時半
カラオケ教室
※8時~17時
指圧・灸 森山先生
※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※9時半
練功体操教室
※11時10分
カラオケダンス愛好会
※10時
絵画教室
※12時15分
なつメロ合唱の会
1011121314
 ※12時
盆踊り教室
※1時
俳句教室
※9時半
コーラス教室
※12時半
カラオケ教室
※8時~17時
指圧・灸 森山先生
※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※9時半
練功体操教室
※11時10分
カラオケダンス愛好会
※10時
絵画教室
※9時半・1時
書道教室
※12時15分
名画鑑賞会
15161718192021
 ※10時
健康体操教室
※12時
盆踊り教室
※9時半
コーラス教室
※12時半
カラオケ教室
※8時~17時
指圧・灸 森山先生
※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※9時半
練功体操教室
※11時10分
カラオケダンス愛好会
※10時
絵画教室
※県連主催日本祭りへ出店
22232425262728
※県連主催日本祭りへ出店 ※9時半
コーラス教室
※12時半
カラオケ教室
※8時~17時
指圧・灸 森山先生
※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※9時半
練功体操教室
※11時10分
カラオケダンス愛好会
※10時
絵画教室
※9時半・1時
書道教室
※12時15分
名画鑑賞会
293031    
 ※10時
健康体操教室
※12時
盆踊り教室
※9時半
コーラス教室
※12時半
カラオケ教室
※8時~17時
指圧・灸 森山先生
    



○名画友の会

7月14日(土) 第152回鑑賞会邦洋画併映
(1)「銀座の恋の物語」 1962(昭和37)年度作品 カラー1時間34分
監督: 蔵原惟繕
出演: 石原裕次郎、浅丘ルリ子、和泉雅子
(2)「女相続人」 1949(昭和24)年度作品 黒白1時間55分
監督: ウィリアム・ワイラー
出演: オリヴィア・デ・ハヴィランド(アカデミー賞)、モンゴメリー・クリフト

7月28日(土) 第153回鑑賞会
(1)「影武者」 1980(昭和55)年度作品 カラー2時間59分 カンヌ映画祭グランプリ受賞
監督: 黒沢明
出演: 仲代達矢、山崎努、倍賞美津子
(2)「血と砂」 1922(大正11)年度作品 黒白無声1時間10分
監督: ブレッド・ニプロ
出演: ルドルフ・ヴァレンチノ、ライラ・リー



○各教室参加者 (5月21日-6月20日)

コーラス教室5回88名民謡教室3回25名
踊り教室5回87名俳句教室1回13名
カラオケ教室5回98名カラオケ・ダンス愛好会3回103名
健康体操教室10回150名名画友の会2回63名
練功体操教室3回34名なつメロ合唱の会1回19名
書道教室2回88名マッサージ・灸5回56名
絵画教室3回41名書道百人一首2回25名
百人一首3回14名



○寄贈・寄付 5月21日-6月20日(敬称略)

・書籍類鈴木文子3冊、西田美重子1冊、中田智之8冊、井出香哉20冊、宇野妙子数冊、山下忠夫230冊
・ビデオテープ香山和栄1本
・その他カフェー粉-猪野ミツエ1袋、お茶-村松尚子、皿他多種多数-宇野妙子
・現金重岡康人R$1500、安田祐規柄R$30、鈴木文子R$50



○事業報告 5月21日-6月20日

5月23日ゲートボール大会の賞品買い 内山・金藤
24日ゲートボール大会準備手伝い 朝枝・纐纈
25日老人週間打ち合わせ 上原
26日第22回老ク連ゲートボールふれあい大会 出場40チーム
30日サロンで宇野先生のレクリエーション講習会 参加者35名
総領事公邸で重岡会長の授賞式 五十嵐・内海・小坂
夜文協で会長の受勲祝賀会 16名出席
6月1日第7回理事会 10名
管理人の面接、記念誌の写真選別第1回 松平・金藤
4日管理人(片桐登氏)交代
6日記念誌の写真選別第2回 松平・金藤
15日会計監査会 丸山・西丸・古賀・戸田
第5回代表者会議 39名
重岡会長受勲祝賀会・宇野先生送別会 50名
18日文協で移民99周年法要 会長他参加多数
20日宇野先生ホテルへ移動の手伝い 内山
老人週間相談 上原
※ 毎週木曜日カラオケダンス愛好会手伝い=田村・内山
※ 老壮の友荷造り、買い物、宇野先生手伝い等=内山
※ 銀行他外回りの手伝い=内海


前のページへ / 上へ / 次のページへ

熟年クラブ連合会 :  
Rua. Dr.Siqueira Campos, 134, Liberdade, S?o Paulo, Cep:01509-020, São Paulo, Brasil
Tel: 11-3209-5935, Fax: 11-3208-0981, E-mail: Click here
© Copyright 2019 熟年クラブ連合会. All rights reserved.