移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
熟年クラブ連合会
     事務局だより  (最終更新日 : 2019/02/15)
2007年12月号

2007年12月号 (2007/12/08) ○トピックス

二〇〇七年を振り返って

 今年もいよいよ十二月の声を聞き、老ク連も平穏無事な一年が終わろうとしているが、ここで一年を振り返って目立った事をあげてみたい。

① 傘下クラブの出入り
 老ク連に属する各老人クラブは、昨年四十九クラブであったが、その中から少人数の四クラブが抜け、代わりに本年はリベイロン・ピーレス錦友会が復活した。そして多数になりすぎたサンパウロ中央老壮会から、地域的にまとまったアクリマソン若葉会と、サンパウロ生涯現役クラブが独立し、結局二〇〇七年は四十八クラブとなった。
 加入人数については、地元では数百人という数字でも、老ク連の会費を払うとなれば、例え遠近の差をつけてもぐっと人数は減り、登録は一割ほどという会も多い。その中でブラジリア百九十名、ツパン百四十名、カンピーナス百二十名、カンポ・グランデ九十二名、レジストロ九十五名、アチバイア九十五名などの登録は大変嬉しく、お蔭で今年は昨年より約四百名多い三千二百名の登録会員であった。老ク連は寄付のある福祉施設ではないので、他人に見て貰うために入る会ではなく、高齢者が自分で張りのある老後を過ごすために入る会である。子育てや責任のある社会的義務が終り、やりたい事が堂々と出来る幸せを、自分の意志で手に入れられるのである。

② 交流・親睦旅行
 第四回目の交流旅行は、一行四十名が移民の故郷といわれるカフェーランジャ、プロミッソン、ペレイラ・バレットなどを経て、ドラセーナ明朗会へ行った。緑豊かな広々とした敷地内にあるこれまた大きな会館で、百人以上の人たちに迎えられ、美味しいご馳走と共に大変楽しい一日を過ごしてきた。
 また九月には知識を広げるための観光目的でビトリアに行き、美しい海岸と港等を見ながら、老人会らしいゆったりとした旅行を楽しんだ。同じような境遇同士安心の旅であった。

③ 恒例行事・事業
 八月に初めての試みとして、老人クラブ大会と芸能祭を一緒にした大会を文協で開催した。内容も観客の入りも良く、催しの時間なども丁度でこの形式を今後も続ける事にした。五月のゲートボール大会も縮小することなく行われたし、十一月末に行ったばかりのカラオケ大会は出演者も入場者も増えて、会場も非常に賑やかであった。来年の移民百周年祭が終わったら、一世の世ではなくなると言われる中、何か幸先が良いように思われた。この成功の蔭には旧スダメリス銀行の会場費援助という大きな支援と、今村医師による多額の敬老金があることを忘れてはならないと思う。このお蔭で安心して催しの計画も立てられるし、会員にも喜ばれている。
 当センターでの教養教室は、百人一首がカルタ取りと書道の双方で始まり、全部で十三教室となり、中には満杯で入会者を断っている部門も出てきた。県連主催の日本祭りへの出店も恒例化し、他からやって貰うのではなく、自力でやる老人クラブが、世間にも理解されつつあると思う。
 今年珍しかったのは、サロンでの催しに飛び入りが幾度かあったことだ。昼食時間の利用なのに平均五十名くらいは集まり、こじんまりながらも楽しんだり、学習できたりで、とても良かった。

④ JICAシニアの交代
 前回の可愛らしい宇野妙子先生に代わって、第三代目は身長が倍ほどもあろうかと思われる貞弘先生である。大きなギターを軽々と抱えて出張し、楽しげなレクレーションを次々とやり、しっとりとした懐かしい歌等を奏でてくれる。しかし残念な事にまだお呼びが少ない。余りにも素晴らしくて気後れがするのか、男性だからどこの会でもほとんどを占める女性会員が恥ずかしいのか、理由は不明だが、多忙な年末はともかく、年があけたら是非どこの会からも声がかかって欲しいところだ。目新しいレクリエーションをやって下さるのだから、自分達の例会にどんどん取り入れて貰いたい。

 現老ク連会員の平均的な姿は、子供の頃から家の仕事を手伝うため、余り学校へも行く事ができなかった時代を経て、先ず農業で一家を成す。我が子の教育の為に都市部に移り住んで、小さな商売等をする。そして今は、その子供たちの援助で楽しむ事が出来る。だからこそ今その環境を逃さずに、来年こそは何かの教室に加わって充分に楽しんで欲しい。百周年に向けて、家でくすぶっている隣の人にあなたも声をかけてみよう。


朝枝氏に育成功労賞

 日本の全国老人クラブ連合会から、昨年に続いて今年も育成功労賞が当会に授与された。遠い昔の初代会長田中丑子(つかね)氏が第一回目、二人目は昨年で現相談役の杉本正氏、続いて今年度の三人目は、ビラ・ソニア老壮クラブ会長朝枝定(あさえだ・さだむ)氏である。九十四年から老ク連の役員となり、書記や会計という実地に働く理事を務めた後、副会長・二〇〇一年に会長、その後は現在まで顧問となっている。ともかく長年のコチア産組勤務を生かして、名よりは実を取る人で先ずは自分で動く。すると何をどう変えるか分かってくるので早速改善する。少しもえらぶらず、余計な口も出さず、ただ会のために働く会長さんである。その経験から各クラブをまとめる連合会においても、会員のためを心掛けて運営してくださった、本当に実直な朝枝顧問である。
 去る十一月十六日の代表者会議の席上、重岡会長より表彰状と記念品が授与され、「自分は普通のことをしたまでで、このような光栄に浴するとは思いもかけず大変感激している。この表彰状は家宝として末永く飾っておきたい」とお礼の言葉を述べた。
 尚今回は山口県出身の内山卓人理事が、所要で訪日の際、わざわざ新潟県の会場まで出向き、賞状他を受け取って来て下さったのである。


♪盛況だったカラオケ大会

 十一月二十五日今年最後の行事である第十三回親睦カラオケ大会が文協大講堂で催された。今年はカンピーナ明治会二十四名、サント・アマーロあおぞら会二十一名等の大きな申込みがあり、全体では昨年より五十名以上も多い二〇九名の出場者となった。やはりエスペシャルが一番多くて六十名だったが、今回はついにスペル・エストラが四名も出たのである。人数を増やす為の策として、カラオケのヂュエットやコーラスも出来るようにと第二部を作ったが、残念ながらその部分の申込みはなかった。
 審査員は昨年と同じ島田正一全国カラオケ指導協会ブラジル総本部長に、作詞家の川合節子先生、そしてベテラン歌手の石原正子先生の三名で、司会は田巻夏枝先生の大奮闘が今年も見られた。入賞はやはり例年の様にSJリオプレットが多くをさらった。有馬会長を始め白寿会からの出場者全員が大変素晴らしく、一晩かかってサンパウロまでやって来た甲斐があったと誰もが認めていた。最高齢の出演者であった、パルケ・コンチネンタル寿会の吉田美巳(九十五歳、男性)さんも入賞した。吉田さんは歌の他に油絵・書道・ゲートボールと何でも上手で、老いなど全く忘れている様子に、回りはいつも驚かされるのである。
 賞品は今回も新人とBはトロフィー、A以上は品物だが、昨年の賞品が少々不評だったので、今年は年末を控えてお正月用品の日本食品にして喜ばれた。間にコーラスや体操教室のダンス、終りには五十嵐司実行委員長と戸塚マリ先生の「寅さんの歌」なども入り、少し華を添えたが、人数の増えた部も含め終了が遅くなり、反省の材料となった。
 出演者ばかりでなく観客も予想外に多かったので、サロンのバザリスタも喜んでくれ、会場で集めた施設への年末募金(赤い羽根募金)も多くなり、今までにない大成功であった。やはりお客様あっての催しで、一年の締めくくりとして何よりも嬉しい事であった。

♪ カラオケ大会入賞者
*新人
一位賀集綾子ピニェイロス親睦会老壮部
二位渡部幸子サンパウロ中央老壮会
三位榎本恒郎サンパウロ中央老壮会
四位柳昭子サ・アマーロあおぞら会
*B―1(70歳以下)
一位吉川研作イタペチニンガ千歳会
二位相沢絹代サンパウロ鶴亀会
三位梶田喜美子ジュンジャイ睦会
*B―2(71~77歳以下)
一位矢野洲磨子S・J・リオ・プレット白寿会
二位小林千里カンピーナス明治会
三位堀川つゆ子サ・アマーロあおぞら会
四位新垣茂子リベロン・ピーレス錦友会
*B―3(78歳以上)
一位赤木竜巳リベロン・ピーレス錦友会
二位掛下さかえサ・アマーロあおぞら会
三位荘司恵美子サンパウロ鶴亀会
四位吉田美巳パルケ・コンチネンタル寿会
*A―1(71歳以下)
一位井尻春美アルジャー親和会
二位平沢万里子ジュンジャイ睦会
三位井戸朝江みずほ福寿会
四位西和人ジュンジャイ睦会
*A―2(73歳~80歳)
一位笹原モトエプラッサ・ダ・アルボレ老壮会
二位石賀千代子カンピーナス明治会
三位中久保末イタペチニンガ千歳会
四位小坂誠イタケーラ寿会
*A―3(81歳以上)
一位有馬義夫S・J・リオ・プレット白寿会
二位田中美智子サンパウロ鶴亀会
三位浜津二三子ビラ・マリア鶴寿会
四位藤原静枝サンパウロ鶴亀会
*エスペシアル―1(74歳以下)
一位田村睦江みずほ福寿会
二位奥田幸恵サンパウロ中央老壮会
三位大江清子リベロン・ピーレス錦友会
四位園原礼子リベロン・ピーレス錦友会
五位真鍋光子イタケーラ寿会
*エスペシアル―2(75歳~78歳)
一位古川弥生パルケ・コンチネンタル寿会
二位西丸俊子モジ中央日会老人部
三位松井愛子サンパウロ東部紅葉会
四位重清かずあきサ・アマーロあおぞら会
*エスペシアル―3(79歳~81歳)
一位山田三郎カンピーナス明治会
二位玉井須美子サンパウロ鶴亀会
三位三瓶いそ子ビラ・マリア鶴寿会
四位山本花子プラッサ・ダ・アルボレ老壮会
*エスペシアル―4(82歳以上)
一位秋元陽之助サンパウロ中央老壮会
二位高比良タケセントロ桜会
三位尾田治子プラッサ・ダ・アルボレ老壮会
四位菅田和枝リベロン・ピーレス錦友会
*エストラ―1(79歳以下)
一位小野冬香サ・アマーロあおぞら会
二位菅沼政子イタケーラ寿会
三位小坪富佐子サント・アンドレ白寿会
四位沢村マリアサ・アマーロあおぞら会
*エストラ―2(80歳以上)
一位原口末義サンパウロ中央老壮会
二位荒木豪ジュンジャイ睦会
三位斎藤イセ子カンピーナス明治会
四位滝山正宏サンパウロ東部紅葉会
*スペル・エストラ
一位山本茂パルケ・コンチネンタル寿会
*第二部B
一位床井登良男S・J・リオ・プレット白寿会
二位矢野洲磨子S・J・リオ・プレット白寿会
*第二部A
一位有馬義夫S・J・リオ・プレット白寿会
二位遠藤菊子プラッサ・ダ・アルボレ老壮会
三位井尻春美アルジャー親和会
*第二部エスペシアル
一位松平和也サンパウロ名画なつメロ倶楽部
二位真鍋光子イタケーラ寿会
*第二部エストラ
一位菅沼政子イタケーラ寿会


本年も色々とありがとうございました。
老ク連は十二月二十五日から一月四日まで休ませて頂きます。各教室も一月七日から本年同様行います。



○12月の行事

      
      ※12時15分
なつメロ合唱の会
 ※10時
健康体操教室
※12時
盆踊り教室
※1時
百人一首教室
※9時半
コーラス教室
※12時半
カラオケ教室
※8時~17時
指圧・灸 森山先生
※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※9時半
練功体操教室
※11時10分
カラオケダンス愛好会
※10時
絵画教室
※12時15分
名画鑑賞会
101112131415
 ※10時
健康体操教室
※12時
盆踊り教室
※1時
俳句教室
カラオケ教室
※8時~17時
指圧・灸 森山先生
※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※9時半
練功体操教室
※11時10分
カラオケダンス愛好会
※10時
絵画教室
※9時半・1時
書道教室
 
16171819202122
 ※10時
健康体操教室
※12時
盆踊り教室
※1時
百人一首教室
※9時半
コーラス教室
※8時~17時
指圧・灸 森山先生
※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※11時10分
カラオケダンス愛好会
 ※12時15分
名画鑑賞会
23242526272829
       
3031     
       



○名画友の会

12月8日(土) 第162回鑑賞会
(1)「にごりえ」 1953(昭和28)年度作品 黒白2時間10分
原作: 樋ロー葉
監督: 今井正
出演: 田村秋子、久我美子、淡島千景
(2)「シェルブールの雨傘」 1964(昭和39)年度作品 カラー1時間31分 カンヌ映画祭グランプリ受賞
監督: ジャック・ドウミ
出演: カトリーヌ・ドヌーヴ、ニーノ・カステルヌオーヴォ

12月22日(土) 第163回鑑賞会
(1)「午後の遺言状」 1995(平成7)年度作品 カラー1時間52分
監督: 新藤兼人
出演: 乙羽信子、杉村春子、朝霧鏡子、津川雅彦
(2)「我が道を往く」 1944(昭和19)年度作品 黒白2時間10分 アカデミー監督賞ほか6賞受賞
監督: レオ・マッケリー
出演: ビング・クロスビー、バリー・ブリッツジェラルド



○各教室参加者 (10月21日-11月20日)

コーラス教室4回72名民謡教室3回37名
踊り教室4回52名俳句教室1回10名
カラオケ教室4回87名カラオケ・ダンス愛好会3回90名
健康体操教室7回135名名画友の会2回61名
練功体操教室3回34名なつメロ合唱の会1回30名
書道教室2回87名マッサージ・灸4回40名
絵画教室3回43名書道百人一首2回27名
百人一首2回15名



○寄贈・寄付 10月21日-11月20日(敬称略)

・書籍類畠山てる江29冊、三木八重子1冊、香山和枝4冊、西田美重子1冊、川中みつ子9冊、長尾弘之8冊、床井登良男15冊
・ビデオテープ香山和枝21本、川中みつ子5本、井出香哉1本
・現金ひまわり学園(佐藤吉洸)R$50、有賀よしおR$50
・その他コーヒー2袋・砂糖2袋-猪野ミツエ



○事業報告 10月21日-11月20日

10月24日第1回選挙管理委員会 重岡・杉本・井上・上野・中川
25日貞弘先生をイタケーラ寿会へ派遣
29日童話を語る会がひまわり学園へ 五十嵐・貞弘・戸塚・開
30日ビンゴ賞品買い物 内山・職員
31日第12回親睦ビンゴ大会 参加者約180名、手伝いは内山他多数
11月5日第12回理事会 11名
第1回老ク連百周年委員会 理事・監査・杉本など計14名
7日老人習慣反省会 貞弘・上原
9日第2回選挙管理委員会 杉本・上野・原・中川
コロニア文芸賞受賞祝 五十嵐
12日カラオケ大会トロフェー注文 五十嵐・内山
百歳祝賀会(総領事公邸) 重岡
16日会計監査会 丸山・西丸・古賀・戸田
第13回理事会 11名
第10回代表者会議 35名
コチア市 Zu Lai寺へ仏像の視察 重岡・五十嵐・小坂・内山・戸田・古賀・貞弘
※ カラオケダンス愛好会手伝い=田村・内山
※ 老壮の友荷造り、ビンゴ大会準備など=内山


前のページへ / 上へ / 次のページへ

熟年クラブ連合会 :  
Rua. Dr.Siqueira Campos, 134, Liberdade, S?o Paulo, Cep:01509-020, São Paulo, Brasil
Tel: 11-3209-5935, Fax: 11-3208-0981, E-mail: Click here
© Copyright 2019 熟年クラブ連合会. All rights reserved.