移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
熟年クラブ連合会
     事務局だより  (最終更新日 : 2019/02/15)
2009年2月号

2009年2月号 (2009/02/06) ○トピックス

定期総会開催 「今年は地道な予算で」

 老ク連第三十回定期総会が、一月三十日十時から当会サロンにおいて開催された。本年の出席は二十六クラブ五十二名で昨年とほぼ同じ。内海副会長の司会で始まり、重岡会長より推薦(すいせん)された五十嵐副会長が議長となり、書記には昨年同様新宅会計士と松平書記理事が任命(にんめい)された。
 最初の二〇〇八年度事業報告は、例年より多く五枚ぎっしりのものを、松平書記理事が要領(ようりょう)よく短時間に読み上げた。五月のゲートボール大会、八月の老人クラブ大会と芸能祭の併催、九月の老人週間、十一月のカラオケ大会、と外部での四大行事もそれなりに成功裡に終わり、サロンでの教養教室も順調に続いている。一番多いカラオケダンス愛好会は、時々は五十名からの集まりともなり、続く書道教室も常時四十名前後で、サロン一杯に机が並ぶ。特記すべき百周年記念事業には、式典にも追悼法要(ついとう・ほうよう)にも多数の会員が参加して、心に残る行事となったし、主催した「響ファミリーショー」は、二回とも満杯で大成功に終わった。
 当会の百周年事業であった地蔵建立(こんりゅう)も創作選集出版(そうさく・せんしゅう・しゅっぱん)も実行でき、手間取っていた三十周年記念誌も五月には完成でき、暮には賞まで頂くおまけまで付いた。更にサロンでは五回も落語や歌などの公演が行われ、大変楽しませてもらった。
 このような事業に対した決算報告が戸田会計理事よりあったが、それによると予定よりわずか九千レアルの支出超過(ししゅつ・ちょうか)に抑えられたし、収入も不足分を補う預金利子が半分以下で納まっている。会費その他の負担金全てが据え置かれていることを考慮(こうりょ)すると、外部協力者や会員皆の協力があってこそと、地道な老ク連の実態を示したものになっている。
 二つの報告に対し、西丸監査役より間違いがないという監査意見書(かんさ・いけんしょ)が出され、質疑応答(しつぎ・おうとう)に入った。一代表より「年々活動が広がって出入りする人が多いのを見ると、やはりサロンに続く廊下で事務を取ったり、待つための椅子が置いてあるのは緊急の場合に困るから、今年の計画で取り除くことを実行して欲しい」と言う意見が出された。この問題は以前から議題に上がったことではあるが、現在の会館では今以上に広げることは非常に困難であること、など色々意見が出されたが、結局最善の方法を検討することになった。
 続いて「行事の度に、役員達が祝儀(しゅうぎ)を出して補うのは、廃止(はいし)したほうが良い」との意見が出された。確かにこれが実行できたら何よりなので、出来るだけそちらの方向に持って行くとしても、どこでも行われていることであり、名誉でもあり、皆に喜んで貰おうとの気持ちからでもあるので、それ程きちんと決めなくても良いのではないかとなった。結局問題もなくどちらも拍手で承認された。
 次の事業計画と予算案の方も何事もなく承認されたが、〇九年予算の方は昨年のように百周年記念事業がないだけ減少し、約五万少ない三十四万五千八百レアルとなった。内やはり五万程は預金利子を使うことに計画されているが、これができるだけ少なくて済むよう関係者は努力するつもりである。
 その他にはサント・アンドレ白寿会の会長交代が紹介されたり、アニャンゲーラ仲よし会の下本代表から、ビデオの大量寄贈について努力していることなどが発表された後、小坂副会長による閉会の辞で今年の総会は無事終わった。
 尚昼食後は「日本会議」提供の「平成のご巡幸(じゅんこう)」のビデオを上映し、皆で両陛下のご苦労を偲んだ。


老ク連二〇〇九年度事業計画案

*一月三十日 第三〇回定期総会を老ク連サロンで開催する。
*五月二十三日 第二四回ゲートボールふれあい大会を連合スタジアムで開催する。
*八月八日 第三三回老人クラブ大会・芸能祭を文協大講堂で開催し、バザーも行なう。
*十月二日 第四〇回老人週間を、援護協会・救済会・日伯高齢者研究グループとの共催で文協大講堂にて開催する。     
*十一月二十九日 第一五回老ク連親睦カラオケ大会を文協大講堂で開催、バザーも行なう。
*四月二十九日 JICAシニアボラティアの貞弘昌理先生による、レクリェーション指導者講習会をサロンで行う。
*五月二十九日及び十月三十日 老ク連親睦ビンゴ大会を老ク連サロンで行う。
*五月三十日~三十一日 森田冨久子先生指導で老ク連絵画教室生徒の作品展覧会を催す。
*六月三十日 カラオケ教室を中心に第九回ミニカラオケ大会を老ク連サロンで行う。
*サロンでは健康体操、舞踊、コーラス、カラオケ、民謡、練功体操、絵画、書道、百人一首、俳句等の教養教室と、カラオケ・ダンスと花合わせ愛好会などを定期的に開き、会員の生きがいとする。またなつメロ合唱や名画鑑賞などの集いも催し、高齢者の楽しみとする。更に今年は川柳教室も始める。
*他クラブとの交流と地域の見学などで、見聞を広げる為の交流旅行として、三月二十六日にカンピーナス、その前後にインダイアツーバ、九月ごろサン・ジョゼー・ド・リオ・プレット地方への旅行をする。その他に親睦の為の小旅行も数回行なう。
*六月まで各老人クラブへ貞弘昌理シニア・ボランテイアを派遣する。また要望があれば随時他の講師も派遣する。尚七月から次期シニアが派遣された場合は、各クラブへ行ってレクリエーション指導をしてもらう。
*今年も会員の親睦と啓蒙のために老ク連機関紙「老壮の友」を毎月発行する。
*日本語学校生徒を対象に、童話やレクリェーションなどで日本人の心を伝える。
*サロンの空き時間を利用して、出来るだけ講演などの催し事を開催する。
*毎年参加している県連の日本祭りには、場所代次第で参加か否かを決める。
*今年も年末助け合い募金をして、福祉施設に寄付を贈る。
*会員のために高齢者用品の調達や、日本語書籍・ビデオ・CDなど文化方面の便宜を図る。
*会員の要望にこたえて、無料および割引協力の医師や病院への手続きをする。
*サンタ・クルース医療保険(PLASAC)の取り扱い事務をする。
*福祉センターの宿泊施設やサロンの利用で運営資金の一助とする。
*二階の改装工事によって物置が出来るので、館内の整理につとめる。



○2月の行事

 ※10時
健康体操教室
※12時
盆踊り教室
※1時
百人一首の会
※9時半
コーラス教室
※12時半
カラオケ教室
※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※9時半
練功体操教室
※11時10分
カラオケダンス愛好会
※10時
絵画教室
※12時15分
なつメロ合唱の会
1011121314
 ※10時
健康体操教室
※12時
盆踊り教室
※1時
俳句教室
※9時半
コーラス教室
※12時半
カラオケ教室
※1時
花合わせ愛好会
※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※9時半
練功体操教室
※11時10分
カラオケダンス愛好会
※10時
絵画教室
※9時半・1時
書道教室
※12時15分
名画鑑賞会
15161718192021
 ※10時
健康体操教室
※12時
盆踊り教室
※1時
百人一首の会
※9時半
コーラス教室
※12時半
カラオケ教室
※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※9時半
練功体操教室
※11時10分
カラオケダンス愛好会
※10時
絵画教室
 
22232425262728
   ※10時
健康体操教室
※1時
民謡教室
※9時半
練功体操教室
※11時10分
カラオケダンス愛好会
※10時
絵画教室
※9時半・1時
書道教室
※12時15分
名画鑑賞会



○名画友の会

2月14日(土) 第190回鑑賞会
(1)「赤い夕日の渡り鳥」 1960(昭和35)年度作品 カラー98分
監督: 斎藤武市
出演: 小林旭、浅丘ルリ子、宍戸錠
(2)「サンライズ(朝日)」 1927(昭和2)年度作品 黒白サイレント95分
監督: F・W・ムルナウ
出演: ジャネット・ゲイナー(アカデミー賞)、ジョージ・オブライエン

2月28日(土) 第191回鑑賞会
(1)「雪夫人絵図」 1950(昭和25)年度作品 黒白86分
原作: 船橋聖一
監督: 溝口健二
出演: 小暮実千代、山村聡、上原謙
(2)「エルマー・ガントリー」 1960(昭和35)年度作品 カラー142分
監督: リチャード・ブルックス(アカデミー脚色賞)
出演: バート・ランカスター(アカデミー賞)、シャリー・ジョーンズ(助演賞)



○各教室参加者 12月21日-1月20日

コーラス教室1回18名民謡教室1回9名
舞踊教室2回30名俳句教室1回12名
カラオケ教室3回37名カラオケ・ダンス愛好会2回93名
健康体操教室5回76名名画友の会2回91名
練功体操教室1回9名なつメロ合唱の会1回25名
書道教室1回32名絵画教室2回19名
書道(百人一首)1回10名百人一首の会0回0名
花合わせ愛好会0回0名



○寄贈・寄付 12月21日-1月20日(敬称略)

・書籍類坂口清子11冊、戸塚マリ8冊、開静多数冊、浜田輝夫1冊、今村幸19冊、小野忠司10冊、日本会議1冊、三木八重子1冊、田中保子4冊、鈴木文子3冊、尾関房子多数冊、纐纈蹟二1冊
・現金和田浅五郎R$50
・その他ビデオ-開静多数本、コーヒー粉-高坂光丸2包み



○事業報告 12月21日-1月20日

12月22日二階トイレを改造して物置を作る工事開始
26日西林総領事がお地蔵さんをお参りに来所 重岡・五十嵐・内海・小坂・小嶋・玉井・西丸・田中・相沢・山本・軽部・貞弘・職員
1月7日第15回理事会 12名
12日貞弘先生をサンパウロ玉芙蓉会へ派遣
16日会計監査会 西丸・古賀・玉田・戸田
第16回理事会 8名
第12回代表者会議 39名
17日貞弘先生をリベイロン・プレット壮寿会へ派遣
※ その他に内山・松平・戸田・田村・有賀氏がそれぞれの任務を果たす。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

熟年クラブ連合会 :  
Rua. Dr.Siqueira Campos, 134, Liberdade, S?o Paulo, Cep:01509-020, São Paulo, Brasil
Tel: 11-3209-5935, Fax: 11-3208-0981, E-mail: Click here
© Copyright 2019 熟年クラブ連合会. All rights reserved.