移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
熟年クラブ連合会
     活動報告  (最終更新日 : 2019/02/15)
2014年1月号

2014年1月号 (2014/01/11) 皆様に感謝、年末寄付

 熟連では、年々支援の減る傾向にある日系福祉団体に、毎年「年末助け合い募金」を贈っている。
 各老人クラブが個別にやるよりは熟連がまとめて贈ろうということで始まり、今年で十七回目となる。これはあくまでも強要をせず、一人ひとりの気持を集めようとの事で始まったのものである。今回、集まった金額は合計で一六九八九・五〇レアイスとなっている。
 毎年の事だが、会員数の少ないクラブが一年を通して毎月少しずつ集めるなど、努力をして下さっておりやり方が上手だというだけでなく、、皆の気がそろわなければ、こうも上手くは行くまいと思われる。
 また、ナザレー老壮会の河中司会長が今年も五〇〇〇レアイスを寄付して下さったことは特筆に価する。
 クラブは本部近辺ばかりでなく、インダイアツーバ、アチバイア、カンピーナス、リベロン・プレット、など遠くのクラブも各園生や高齢者のために何かの足しになることを願って募金を募って下さっている。熟連では十の団体のうち以下の福祉施設に寄付をした。

※ 年末助け合い募金明細
クラブ名寄付額(単位はレアル)
河中司(ナザレ会長)五〇〇〇
ナザレー老壮部一二〇〇
プラッサ・ダ・アルボレ老壮会一〇〇〇
カンピーナス明冶会八〇〇
イタぺチ万寿会五〇〇
アチバイア清流クラブ五〇〇
サント・アマーロあおぞら会五〇〇
サンパウロ鶴亀会二〇〇
ビラ・ソニア老壮クラブ五〇〇
バウル福寿会四〇〇
サンパウロ中央老壮会五〇〇
モジ・ダス・クルーゼス中央日会老人部八〇〇
サウーデ文協老壮部五〇〇
グァラニー桜クラブ七〇〇
サント・アンドレ白寿会四〇〇
イタケーラ寿会三五〇
セントロ桜会二〇〇
みずほ福寿会三〇〇
ジュンジアイ睦会三〇〇
リべロン・ピーレス錦友会三〇〇
サンパウロ名画友の会一一〇
ジュンジアイ睦会二〇〇
パルケ・コンチネンタル寿会二〇〇
リべロン・プレット壮寿会二〇〇
サンパウロなつメロクラブ三五
ボン・フリオール婦人会八一
ビラ・ソニア盆踊り会九五
ビラ・ソニア赤い羽根八八
インダイアツーバ親和会二〇〇
サンベルナルド松寿会三〇〇
赤い羽根五四四
熟連事務局での募金四八六・五〇
合計一七二八九・五〇

※ 募金の贈り先と金額
クラブ名寄付額(単位はレアル)
あけぼのホーム一五二〇
やすらぎホーム一五二〇
カンポスさくらホーム一六二〇
サントス厚生ホーム一五七〇
スザノイッペランジャホーム一六二〇
希望の家一八〇〇・五〇
救済会一八八〇
こどものその一七一五
サンタ・クルース病院二〇三六
SBC病院二〇〇八
合 計10団体一七二八九・五〇


一〇〇歳、おめでとう!!伊津野敬嗣さん(サンパウロ中央老壮会)

伊津野敬嗣さん.jpg
杖友に越へし白寿や青き踏む
【伊津野朝民】(第六回日伯交流俳句大会より)

熊本県出身。1928年、14歳で家族と共に渡伯。プロミッソン・ゴンザガ植民地に入植しました。1951年から日本語を教え始め、43年間の教師生活でした。多い時で一度に180人の生徒を受け持ったこともあるそうです。その間、書道にも励み、現在は9段という最高位についています。現在、奥様の静さん(92)と共に俳句三昧の日々。毎月、俳誌「朝陰」をはじめ、日本の同人誌「蕗(ふき)」、「木蔭」「老壮の友」等へ投句するのが楽しみだそうです。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

熟年クラブ連合会 :  
Rua. Dr.Siqueira Campos, 134, Liberdade, S?o Paulo, Cep:01509-020, São Paulo, Brasil
Tel: 11-3209-5935, Fax: 11-3208-0981, E-mail: Click here
© Copyright 2019 熟年クラブ連合会. All rights reserved.