移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
熟年クラブ連合会
     生活・健康  (最終更新日 : 2018/12/14)
2012年7月号

2012年7月号 (2012/07/06) ちょっとした工夫でちょっとした知恵で

ニンニクあれこれ
☆鼻づまりに
 頑固な鼻づまりはすりつぶしたニンニクをちょっと指の先に取って鼻の下に付けるだけでスッーと解消します。刺激性の香りがツーンと鼻の奥まできて、詰まっていた鼻が即効で通ります。
☆風邪に
 風邪かな、と思ったら生のニンニクを薄切りにして、その一片を舌の上にのせます。ちょっとヒリヒリするような刺激があり、独特の香りが口じゅうに広がります。香りが消えるまで数分間そうしておきます。この香りはニンニクが持つ殺菌作用のある物質で、外出から帰った時など、うがいの後にこれをすると、万全です。
☆咳に
 喉ぼとけの下、左右の鎖骨の内端にあるくぼみの真ん中は、天突(てんとつ)といって、喉の病気の治療に効果を発揮するツボです。 咳が止まらない時はここに生のニンニクの薄切りを絆創膏(ばんそうこう)で貼ります。そうやってツボを刺激するのです。
 これは風邪をひいた時の急性の咳より、慢性のしつこい咳を鎮めるのに効果があります。
☆痰(タン)の切れに
 ニンニクの生汁入りの砂糖水でうがいをすると切れない痰がすぐ切れます。これは気管の粘膜を刺激するからで、鼻づまりと同じ効用です。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

熟年クラブ連合会 :  
Rua. Dr.Siqueira Campos, 134, Liberdade, S?o Paulo, Cep:01509-020, São Paulo, Brasil
Tel: 11-3209-5935, Fax: 11-3208-0981, E-mail: Click here
© Copyright 2019 熟年クラブ連合会. All rights reserved.