移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
熟年クラブ連合会
     生活・健康  (最終更新日 : 2018/12/14)
2015年8月号

2015年8月号 (2015/08/14) ちょっとお料理

◎佃煮(つくだに)
 普通、イリコの佃煮といえば、イリコを甘辛くしょう油と砂糖で煮絡めたものですが、魚と魚が飴状にくっ付いたり、固まったりしがちです。
 でもこれはサラッとして一つひとつの小魚が離れていて、ちょっとしたスナック菓子かおつまみ風になります。
 少し多めに作ってもすぐに無くなってしまうほどで、手で摘んでもベタベタせず、食べやすいのが好評です。
◆作り方
(1)イリコ 100g(中ぐらいの大きさ)
(2)砂糖 半カップ(多いと思ったら減らしても良い)
(3)しょう油 大さじ二杯
(4)酒 大さじ二杯
 (1)のイリコを電子レンジで二分半チンして(無い人はフライパンで乾煎り後)冷ます。(2)(3)(4)を合わせ同じくレンジで二分半チンする。同じく無い人はブクブクと泡が出て、ちょっとどろっとするまで鍋かフライパンで暖める。タレが熱いうちに冷めたイリコを手早く混ぜて、少し冷めてきたら、手でほぐす。この手でほぐすだけの作業でサラサラとします。

◎きのこカレー
 上記の講演会で、エリンギの料理方法なども聞かれました。薄くスライスして、バター炒めや鍋物、あぶって塩や味噌で食べても美味しいなど講師の方から説明がありましたが、ここで日本でも流行の「森のきのこカレー」の作り方をご説明しましょう。
(1)きのこファミリー(平茸、しめじ、エリンギ、マッシュルーム、しいたけなど)何でも構いません。これらを適当な形にスライスしておきます。
(2)生姜、ニンニクをお好みの量だけみじん切り。
(3)玉ねぎもみじん切り。これは多くても構いません。
(4)牛肉のひき肉もしくはスライスした肉など(*無くても構いません。
(1)~(4)をバターやオリーブオイル、サラダ油などお好きな油で炒めます。玉ねぎはあめ色になるまで。(2)(3)(4)(1)の順に鍋に入れて炒めましょう。あとはお湯を入れて、カレールーを入れるだけ。お好みで塩加減、胡椒、しょう油など普段作る自分の家のカレーの味で試して下さい。ちょっとヘルシーな和風カレーの出来上がりです。

◎きのこスパゲティー
(1)きのこファミリーをスライスする。
(2)昆布を細く切る。
 鍋に(1)(2)を入れて、塩、胡椒、しょう油で濃い目に味付け。あとは茹でたスパゲティーに混ぜるだけ。

◎納豆スパゲティー
(1)納豆を少しだけ包丁で細かくする。
(2)シソあるいは海苔を細切りにする。
 茹でたスパゲティーによく混ぜた納豆と麺つゆ(あるいはしょう油や塩こうじなどで味付けしたもの)をのせる。お好みでシソや海苔の細切りを上にかける。のどごしのよい和風スパゲティーです。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

熟年クラブ連合会 :  
Rua. Dr.Siqueira Campos, 134, Liberdade, S?o Paulo, Cep:01509-020, São Paulo, Brasil
Tel: 11-3209-5935, Fax: 11-3208-0981, E-mail: Click here
© Copyright 2019 熟年クラブ連合会. All rights reserved.