移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
熟年クラブ連合会
     FOTO  (最終更新日 : 2015/01/16)
サンパウロ中央老壮会 木下エキさん [全画像を表示]

サンパウロ中央老壮会 木下エキさん (2007/03/08)
木下エキさん01.jpg
 木下エキさんは佐賀県佐賀郡大和町に生まれ、今年八十八歳になりました。
 実家は養鯉や料理の仕出しをするなど、雇い人が十何人もいる大店でしたが不況が続き、昭和十三年、エキさんが二十一歳の時、一家はおじを頼って、南京へ渡りました。
 おじさんは武漢府の軍人でしたので、軍関係の酒保を開き、大繁盛しました。そしてその時、広島無線電信隊から派遣されていたご主人と知り合い、結婚しました。
 女の子を二人もうけましたが、その後の敗戦と引き揚げで、一歳になったばかりの次女を栄養失調で亡くし、身重の体でしたが、長女は二歳になっていたので、何とか連れ帰ることが出来ました。
 全財産を投げうち、着の身着のままでの引き揚げ。あの時のみじめさは今思い出しても涙が出るということです。
 引き揚げ後は、ご主人の里の五島列島で製塩業などをしていましたが、敗戦後の日本での生活もまた大変で、移住を決めました。
 一九六〇年、レジストロに入植。その後、ピエダーデに移りましたが、当時流行していた脳炎で、次男は命を取り留めたものの障害が残り若くして他界しました。
 また、エキさんが六十二歳の時、農薬中毒で十一年間伏せていたご主人も亡くなりました。
 ずっと苦労の連続でしたが、五人の子供たちは働きながら自力で大学を卒業し、今ある幸せは、子供たちの頑張りのおかげと語っています。
 上の写真はたった一枚残っている南京神社での結婚式の時のものです。
木下エキさん02.jpg


前のページへ / 上へ / 次のページへ

熟年クラブ連合会 :  
Rua. Dr.Siqueira Campos, 134, Liberdade, S?o Paulo, Cep:01509-020, São Paulo, Brasil
Tel: 11-3209-5935, Fax: 11-3208-0981, E-mail: Click here
© Copyright 2019 熟年クラブ連合会. All rights reserved.