移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
水耕栽培プロジェクト
     Home  (最終更新日 : 2003/05/23)

南半球発 水耕栽培プロジェクト

南半球発 水耕栽培プロジェクト (2003/04/07)
suikou1.jpg
ブラジル サンパウロ州イビウーナの農場
写真提供:サンパウロ新聞
日本で育ち、
農業大国ブラジルで生まれ変わった

*誰にでもできて
*大きなお金を掛けないで
*今すぐにでも始められる

ちょっと特異な農業スタイルを紹介します。









「ときには旅行にも行きたいけど、農業は休みが取れないしなあ」
→ 自由に休日が取れます、しかも連休もOK。

「体力的にきつい仕事はしたくない」
→ 誰にでもできる簡単な労働です。1日あたりの作業は4~5時間程度が目安です。
   土を耕す作業ではないので力もいらず、汚れません。

「あまりお金を掛けたくない」
→ 従来の農業に比べてはるかに安いコストで生産できます。
   リサイクルを活用した、すべてがシンプルで効率的なシステムです。

「農業って、未経験者ができるほど簡単じゃないよね?」
→ 主に未経験の方を対象としています。
   誰でも安心して一からスタートできるよう、資材から作業内容まで
   すべてマニュアル化されています。

これは、農業をテーマにした新しいライフスタイルの提案です。
 
 野菜の国内自給率の向上 / 日本国内で生産された低価格で安心できる葉野菜を、消費者の皆さんに提供したい
 雇用対策 / 社会の第一線から退いた中高年の方々に、新たな活躍の場を提供したい
 テラピー / 福祉施設におられる高齢の人や障害を持った人に、生きがいを持てる仕事を提供したい
 環境・ゴミ問題対策 / 豊かな日本の自然と共生した、環境を壊さない農業の生産・流通システムを構築したい
 農地・農村の再生 / 日本の整備された農業インフラを活用し、休耕地を再生させたい

 …そして、日本の国内総生産のわずか2%にすぎない産業=農業を再び活性化させ
    生き生きとした人間性を育みコミュニティが築ける社会を日本に再び取り戻す
      その起爆剤になりたい

そんな思いから、この新しい水耕栽培プロジェクトは生まれました。
16年の経験と実績をもとに、これまでの日本になかった新しいことを今、私たちは始めようとしています


プロジェクト紹介&言いたい放題
*01、「今の日本でいいのか!」 *02、シンプルな設備、低コスト、高い生産性 *03、1日の作業4時間で夫婦の生計が可能に
*04、直販で食卓に安い葉野菜を *05、中高年に新たな活躍の場を *06、子供たちの情操教育にも
*07、農業を始めたい人に道を築きたい *08、環境への負荷が少ない *09、コミュニティの再構築
*10、「…それが幸せな国かい?」

プロジェクトQ&A
*〔1〕「こんなに簡単!水耕栽培」 *〔2〕「もっと知りたい!水耕栽培」

大森麗裕 :  
〒441-3415 愛知県 田原市 神戸 郷仲 64-2 T&K302 (藤城),
© Copyright 2017 大森麗裕. All rights reserved.