移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
水耕栽培プロジェクト
     プロジェクト紹介&言いたい放題  (最終更新日 : 2003/05/23)
06、子供たちの情操教育にも

06、子供たちの情操教育にも (2003/05/23) ― 農業の経験がなくても誰でもできる、と。

場所さえあれば。土地じゃなくて「場所」さえあれば。
で、これでね、そういう施設やホームで作ったものを学校給食に導入しようとか、できると思うんですよ。
または子供たちにも遊びがてら実習させてやったり、とかね。こうやって作った物を私たちが食べてるんですよと。そうすると物も大事にするしさ。どれだけの大変な作業があって出来上がった物を私たちは口に入れてるかっていうことを、子供の純粋な時期に叩き込んどきゃ、ムダっていうものも省けるようになってくるわけですよ。

― 今の子、食べ物残すの平気ですもん。

マズいからポイと捨てるとか。しかもね、あんなもん切ってレトルトになってたら元の形だって知らねえもの。消費者は食べる部分だけ買ってるわけで。
だから、これは一般家庭でできるキットももちろん作ることができるわけです。

― そうか、学校教育にも応用できるんですね。子供たちの情操教育のために。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

大森麗裕 :  
〒441-3415 愛知県 田原市 神戸 郷仲 64-2 T&K302 (藤城),
© Copyright 2019 大森麗裕. All rights reserved.