移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
宇江木リカルド作品集
     詩集「引き裂いた風景画」  (最終更新日 : 2003/05/21)
マット・グロッソ州

マット・グロッソ州 (2003/05/21) クヤバにて


南米大陸のほぼ中央
クヤバの町は蒸し風呂だった
人生の旅の宿駅で
日がな一日なすこともなく
公園のベンチに座って
浮浪者が浮浪児に靴磨かせながら聴いた話
まっ赤な土埃をかぶった大型自家用車を
群がりよる少年たちに洗わせながら
小学校の授業のおわるのを待っている農場主は
キリスト教会のの横で
学校帰りの少女をつかまえて車に乗せて
金を与えて劣情を満たすのだという
茹だるような暑さに
神経だけでなく精神までもが
麻痺してしまう世界の話
生きている確かさを
海面体になった脳味噌でたしかめるのだろう
放出した精液の行方などは
たしかめはしないけれど
カテドラルの路地の
嘔吐をもよおす湿気と猥雑さと倦怠感と
そのあとの虚しさに
己れの足跡を残して
ここもまた安住の地ではなかった
と旅立ちの用意をする



パンタナールを一望して


クヤバの空港から航空機にのって
空中に舞い上がるともう目の下はパンタナール
ブラジルの大地に広がる醜い痘痕
淫靡に開いた女の局部にも似た湿地帯
久遠の欲求を満たしてきた太古からの露出部
未来を考える必要がどこにあろうか
現在を猥褻にわらって刹那を得る
  ・みはるかす湿原の果てぞおぼろに
  ・洋銀の霞ただよい
  ・秘められし歴史のはじめに
  ・血塗られし相剋のあとは問わず
  ・世紀の切れ目を踏み躙り
  ・泥の底に沈めたにちがいない
  ・妖気ぞただよう
  ・血の色したる大いなる鳥の群れ
  ・飛び立てる白き鳥たち
  ・舞い舞いて朝日に映える
  ・音もなく水に潜りて
  ・獲物追う鋭き牙に
  ・人の情けの及ぶはずなし
  ・自然なる摂理のなかに
  ・破壊なき輪廻あるのみ
  ・富める地の残虐は
  ・貧しき地の慈悲にまさる
  ・終わりなき生への欲望
  ・救いなきエデンのひとよ
  ・狂い死ね紅蓮の野火に
クヤバもコルンバもカンポグランデも
片寄せて寄せ付けぬ不貞腐れの大湿原
淫蕩に垂れ流した欲情の果ては
ラ・プラタの河となって
怠惰に横たわり茫洋として海へひろがる
理由もなく突然に狂おしい怒り湧き出て
地球を包む炎となり
火星となって宇宙を駆ける幻覚におののく
乗った飛行機の降り立つ飛行場はあるのだろうか
パンタナールのきれる彼方へ視線を延ばす
愚かなる生への執着



ジャングルのなかの小さな町


ジャングルに埋没するかのように
軽飛行機が降り立ったところに
ポルト・ドス・ガウショスの町はあった
アマゾン河に注ぎこむ
タパジョス河の支流のアリノス河の上流に
ジャングルの一部をサイケ調にバリカンで刈った
引っ掻き傷の地肌が町の本通りと滑走路を兼ねて
蜻蛉よりも頼りなく舞おりると
人間社会から隔絶された人間社会があるふしぎ
南部の牧童たちが新天地を求めて
ジャングルの真っ只中を伐り開いた勇気に
感服するしかない
広大なブラジルの大地のなかの
ここを選んで住まなければならない必然性が
理解し難い

ほぉほぉほぉぅひゅうひゅうひゅうぅ
漆黒のジャングルの夜に
頼りなげな蝋燭の火影がゆれて
桜色に映える顏顏顏
金色に燃える髪髪髪
青色に搖れる瞳瞳瞳
産毛のひかる腕腕腕
高くかかげたジョッキの泡が
遠いドイツを懐わせて
日本人の目を輝かせる

ジャングルのほんの一部を焦がした
ドイツからの飛び火か



殺し屋シッコの話


北マト・グロッソの、
アマゾン地帯へつづくジャングルのなかの
小さな町で、
用心棒に雇った男のこと

早朝の陽射しのなかで黒々と蹲った
フランシスコはいつも影のような男
限りなく深いジャングルのなかの
顳皦に貼った絆創膏ほどの小さな町の
船着場でボートを待ちながらぼそぼそ話す

朝陽が粉末になって鏤めると
巣から這い出した羽蟻が
日光浴をするかのように
飛び上がり煌めき落下する

アフリカの外人部隊で
喧嘩して人を殺してインドシナへ送られて
フランス兵といっしょに敗走して
俺はあのとき心の色を無くしたんだ

羽蟻の羽の薄絹の煌めきに
朝陽の雫が飛び散って
シッコの念いが透明になる
羽蟻は地面の斑点になる

送り返されたスペインで
盗んだ女の亭主を殺してペルーへ逃げて
アンデス越えてアマゾン伝いに
ブラジルに密入国してきたんだ

羽蟻の黒い大きな尻は
太陽の黒点の欠片かもしれない
赤い地肌に音立てて落ちて転がる
薄絹の羽がもぎ落ち支えを失い

俺は森のなかの狩人になって
猿を殺し野豚を殺し必要に応じて人も殺して
心なんてインドシナに捨ててきたから
片隅が疼きもしないさ

きらきらと朝陽の雫
あわあわと朝陽に溶けて
飛び上がり落ちる羽蟻は
雌鶏たちの豪勢な朝餉

いまはお前が俺の主人だ
と黒いシャツの男は言い
金さえくれれば誰だって殺すさ
と黒い帽子の男が言い
裏切りはしねえよと黒い銃身を男は抱く
冷たい心が黒々として黒い目つきはゆれている

赤い地肌を斜めに刺した朝陽の縞を
黒い羽蟻がころころ転び
赤い雌鶏のけたたましさに
白い朝陽の縞がゆれる

お前は結婚してるのかと
シッコのするどい眼差しが
金の指輪に纏わりついて
黒い吐息が腥い

朝陽に飛んで煌めいて落ちる羽蟻を追っ掛けて
右往左往する雌鶏たちのけたたましさに
ジャングルの深さが後退りする

おお、がきたようだぜ
煙草の青い煙のかげで
シッコの死んでいた目が生き返る
物憂い空気のなかで腰の拳銃がゆれて立つ

深い緑がいっそう深くなって
朝陽に羽蟻が煌めいて
雌鶏たちの騒がしい朝の宴はたけなわになる


前のページへ / 上へ / 次のページへ

Ricardo Osamu Ueki :  
Caixa Postal, 73, Maua, Cep:09310-971, São Paulo, Brasil
© Copyright 2019 Ricardo Osamu Ueki. All rights reserved.