移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
宇江木リカルド作品集
     詩集「反転の幻想」  (最終更新日 : 2003/05/23)
はじめに

はじめに (2003/05/22) 君には自らの青ずんだ脳髄の構造が視えるか
血の海に漂う内臓の在り方が
図示されているように確認できるか
君には自己の繊細な神経の虫螻蛄に似た働きを
目で追い得るか
横着な己が精神の存在を
冷静に明確に説明し得るか
もしそれが不可能ならば君には詩はつくれまい

君は自身が黒ずんだ躁鬱病患者であることを
納得できるか
白々しい夜更けの精神病棟で呻吟する声を
聴きながら平気でおれるか
君は自身の死を酸素の欠乏した病室のなかで
凝視し得るか
深い緑が混沌とした深海の底で
溺死せんとする己れを嗤えるか
もしそれが不可能ならば君には詩はつくれまい

詩はどこにあるのか
野暮な質問は止してくれ
そんなまともな几帳面な常識的な目で探しても
わかるはずはない
着ている衣服を裏返してみろ
吊り下げてあるカーテンを引き摺りおろして
逆さに吊り下げてみろ
机の脚はなぜ四本なければならないのだ
一本を叩き折って自らの生活を不安定にしてしまえ
現代社会を超自然の彼方から俯瞰しよう
地球を捨てて宇宙に浮游しながら書いてみよう
「地球は青かった」なんて
詩的な表現はしないほうがいい
詩をつくるのに詩的な言葉を駆使しようなんて
陳腐な考えは捨てよう
宇宙には色がない
形もない
存在がない
混沌があるのみ
もうなにもないとわかれば君はたいしたものだ
なにもないところから詩ははじまるのだから


上へ / 次のページへ

Ricardo Osamu Ueki :  
Caixa Postal, 73, Maua, Cep:09310-971, São Paulo, Brasil
© Copyright 2019 Ricardo Osamu Ueki. All rights reserved.