移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
宇江木リカルド作品集
     詩集「反転の幻想」  (最終更新日 : 2003/05/23)
やくざな俺は反論する

やくざな俺は反論する (2003/05/22) 判じ物のような詩は好かん
言葉遊びのような詩は好かん
女の子の感傷をくすぐる詩は好かん
錬磨された美辞麗句で飾られた詩も好かん

衒って意気がって偉ぶって
禅僧みたいなつもりでいる奴が
俺の盃の半分も満たせないで
言葉の切れ端を投げてよこして
これがわからないようではねぇとほざきやがる

俺は熊三八五郎や隣の嬶が
俺の鼓膜を破壊するほどがなり立てるような
どん底でのた打つ詩が好きだ

「詩は短いほどよろしい」などと
禅坊主じゃあるまいし
朝から晩までしゃべりまくるような俺の詩を
冗舌詩だとぬかしやがるが
早漏と短小は赤い信女もよろばねえよ


前のページへ / 上へ / 次のページへ

Ricardo Osamu Ueki :  
Caixa Postal, 73, Maua, Cep:09310-971, São Paulo, Brasil
© Copyright 2019 Ricardo Osamu Ueki. All rights reserved.