移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
宇江木リカルド作品集
     詩集「反転の幻想」  (最終更新日 : 2003/05/23)
近ごろ抱腹絶倒したこと

近ごろ抱腹絶倒したこと (2003/05/22) 自らが選ばれた人だとかちゅうて
自惚れている人たちが
サミットとかちゅうもんを開いて
くだらんことに首寄せあってるときにさぁ
テロリストとかちゅう若いもんが
なんだかロケットとかちゅうオモチャを
テンノウとかちゅう爺さんの
住んでるとこさ撃ち込んだちゅうことで
大騒ぎしてるのを新聞で見たが
いやはやぶったまげたねぇ
なにしろあんた
せっかくぶち込んだロケットを
命中させなんだちゅうこんだ
儂は腹抱えて笑ったさぁ
儂なんぞがやると
まじめくさって命中させてしまうもんね
いまどきの若いもんは
冗談を心得ているもんだと感心もしたさぁ
そんな遊んだあとの発射台とか弾の跡だとかを
警察官が真面目腐った顏をして
物差しと定規をあてて
測定してるってちゅうじゃないのぉ
儂は腹抱えて笑ったさぁ
いまどきの警察は
冗談のわかるとこになったもんだと
いやはやこの世も捨てたもんじゃないと思ったさぁ
みんながやってることがこんなに滑稽ならばねぇ
なにしろあんた
テンノウちゅう爺さんが
「ああ、そう」って
とぼけた顏したちゅうじゃないぃ
儂は腹抱えて涙流して笑い死ぬさぁ 
はぁまったく


前のページへ / 上へ / 次のページへ

Ricardo Osamu Ueki :  
Caixa Postal, 73, Maua, Cep:09310-971, São Paulo, Brasil
© Copyright 2019 Ricardo Osamu Ueki. All rights reserved.