移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
宇江木リカルド作品集
     詩集「反転の幻想」  (最終更新日 : 2003/05/23)
人を恋うる

人を恋うる (2003/05/23) 世の中を拗ねて
精神的な隠遁生活をしていても
実生活が周囲の煩雑な都会のなかだから
ついつい人を恋しくなる
むかしの言葉がわかり
むかしの季節を感じ
むかしの情緒に浸り
むかしの生活のわかる人を

懐古趣味で泣き言を言っているのではない
また熱い恋に
身を焦がしたいと思っているのでもない
あまりにも遠い異国の
言葉の通じ合わない人たちとは
こころを通わせ合えないから
躰が冷えてきたせいだと思う
血が流れにくくなってきたからだと思う
腦が干涸びてきたからだと思う

むかしの人を恋うるのではない
こころにゆとりのある人と
未来について語り合いたい
この歳になっても
まだ地球の最後などあるはずはないと思うし
人類が滅びる日がくるなどと信じたくないし
どこかに血の通っている人がいると思うから

いまでも恋を恋する人がいるはず
いまでも真理を知りたい人がいるはず
いまでも暖かい心をもった人がいるはず
いまでも俗事に関心のない人がいるはず

そんなことをゆっくり時間をかけて
語り合える人を私は恋うる


前のページへ / 上へ / 次のページへ

Ricardo Osamu Ueki :  
Caixa Postal, 73, Maua, Cep:09310-971, São Paulo, Brasil
© Copyright 2019 Ricardo Osamu Ueki. All rights reserved.